学問・資格

2015年6月24日 (水)

古典と現代人

 じいちゃんが亡くなってから毎晩お経を唱えている。予定では49日を終えるまでとしていたのだが、49日が過ぎた後もずっと唱えている。

 毎晩「理趣経」「観音経」「般若心経」を唱えている~(最近は参同契も加わった)~のだが、毎回唱えるたびにその経典に書かれている内容に圧倒される。

 理趣経など意味の分からないことだらけなのだが、かつてその内容が訳されたものを読んだのと、漢字や熟語の意味から毎回感じられるのは、生命の躍動、そして絶対見地から見た世界や平等について述べられており、その思想の大きさに圧倒される。

 観音経も同様に、信じることの力を永遠と述べており、意識の力を説いていることが分かる。そしてそれは現代科学(心理学や脳科学など)でもって、潜在意識などが明らかにされる中で、観音経の真実が証明されつつあるように思える。

 そして誰もがその名前は知っている「般若心経」。この世の真実、宇宙の実態、空と密の世界が展開されている。あの短さの中に絶対真実が詰め込まれているのだから驚愕せざるを得ない。

 これらどれもが1,000年以上前に書かれた「思想」や「哲学」であり、現代まで唱え続けられ、そして未来にも変わらずに唱え続けられるであろうことを考えると、何ともいえない気分になる。

 これらの経典以外にも、「論語」「マハーバーラタ」「ソクラテスの弁明」など、いわゆる「古典」と言われるものが、1000年の時を超えて読み継がれてきたこと、そしてそのような時代にそれだけの「真実」「不変なもの」について突き詰めていたことを考えると、現代人とは一体何なんだろうと考えざるを得ない。

 私たち現代人と呼ばれる者は、相も変わらず右往左往して生きている。全てエゴでもってゴタゴタを繰り返し、取った取られたの世界に生きている。それを思うと、果たして人間世界はこの1000年の間に進化・発展してきたのだろうか?疑問を持たざるを得ない。

 人間の寿命は延びたと言われるけれど、果たして本当に延びたのだろうか?無駄に生きて地球を破壊しているだけじゃないだろうか。地球上の生命の観点から見ると、その寿命は縮んでいるのかもしれない。

 社会は誰もがスピードを求めている。ビジネス界は言うまでもなく、福祉の世界までがスピードを上げている。けれどもそれらはすべて表面の世界の出来事、結局はエゴの世界の追求でしかないように思える。

 みんながみんな経典のようにその心理を突き詰めよ、奥深く求めるべきとは思わない。けれどもせめて本当の幸せとは何か、何が必要なのかをより多くの人が考え初め、そしてその勢力が大きくなれば、もう少し社会は変わってくるのではないかと思う。

 というわけで最近は「経典」という古典に、こてんぱんにやられております




らいふあーと~僕らは地球のお世話係~もよろしくお願いします。




2013年11月15日 (金)

だからやめられないPart1

 ここのところ仕事と個人的の両方でイベントを行った。ひとつは仕事で重度の障害者とその家族(きょうだい)を対象とした療育キャンプ。もうひとつは個人的というかふとしたきっかけでコ・ワーキングスペースでの映画会。それぞれに印象的な出来事があった。

 今回は療育キャンプでの出来事。こちらは仕事で重度の障害児者とその家族を支援する事業のひとつとして行ったのだけど、障害者とその家族(きょうだい40名に、スタッフ・ボランティア30名の総勢70名の大所帯。療育キャンプといっても宿泊するわけでなく、カレーづくりをみんなで行って、そのあと懇談会や太鼓の演奏会にレクリエーションをして、みんなで1日楽しくやりましょうということで、キャンプというよりも交流会みたいなもの。

 この療育キャンプをするにあたり、僕的にはボランティアの人に来てもらいたい~できれば大学生に来てもらいたい~と思い、社協の人を通じて近隣にある小さな大学でボランティアを募集した。しばしの間音沙汰なく、どうなるかな~と心配したのだけど、キャンプの2週間前に連絡が入り、とあるゼミの取組としてボランティアを行いますとのこと。喜び勇んで学生たちに事前説明会まで開いて、重度の障害がどの程度のものか説明した。

 重度の知的障害と重度の肢体不自由の両方を持つ…なんてね。でもこればっかりはいくら言葉で説明しても分からない。実際に会ってもらうしかない。特に学生達はほとんど障害を持つ人たちと触れ合ったことのない子たち。おもわず超重症の子は人口呼吸器をつけて…なんて脅かしてしまったりして…。(そのような子は今回のキャンプには参加しないけど…。)

 実際キャンプ当日学生たちは最初は不安でどのように接すればいいのか分からなかったみたいだけど、時間と共に徐々に慣れていったようで…。最後はとても楽しそうにしていた。そして後日療育キャンプボランティアをしての感想を書いてもらい、その多くはとてもよかったというものだったのだけど、その中に次のような感想があった。

 「このような催しには初めて参加しましたが、自分の思っていたよりも、ずっと自然に障害児者やその家族の方とコミュニケーションを取ることができました。私は当日までいったいどのようにして話したらよいのか分からず不安を抱えていましたが、いざお会いするとその答えはすぐにわかり、そしてとても簡単なものでした。分かったというよりも教えてもらったという方が正しいかもしれません。ある同じ年の女の子が、私を見るなり手を伸ばし、ハグをしてくれました。そして一緒にいる間ずっと私の手を握り締めてくれ、彼女が強く握れば握り返し、また私が強く握れば彼女も握り返してくれました。彼女は話すことも聞くこともできませんが、言葉がなくとも通じ合えるとはこのことで、こちらを笑顔にしてくれるとは、この感覚なのだなと実感することができました。またこのような機会があれば、ぜひ参加をしたいと思いました。」

 いや~なんだかうれしくなった。もちろんこれはまだまだ入口に過ぎないかもしれない。でもこれでいいのだ。これ以上最高のことはない!

 そしてもうひとつ。先日ゼミの先生と学生たちに再び会ったのだけれど、ゼミの先生が次のように話してくれた。「療育キャンプはとても良かった。学生達にもすごく刺激になったみたいで、キャンプの後から学生たちの顔(つき)が変った。ぜひまたやってほしい」と。僕が話している間中には全然別のことしている学生もいれば、まだまだ幼い顔つきの子もいたけど、きっと彼女達の心の中で何かスパークしたものがあったのだろう。

 先日も紹介したけれど、糸賀一雄氏の言葉の中に「毎日手のかかるこの人達は、私達に生命というものを教え、私達が堕落していくのに歯止めをかけてくれる人達です。この歯止めにこそ彼らの本当の存在理由があり、新しい社会形成の理念もそこにあります。」というのがある。きっと彼女たちもどこかで気付いてくれたかな?

 振り返れば結構準備は大変だった。途中頼りにしてた人が急に参加しないなんて言って棄権したり、ハプニング続出であちこちに迷惑をかけ、謝りまくったりしたのだけど…。それでもそれらを吹き飛ばしてくれるだけのうれしい出来事が起こるからやめられないんだな~。けれども次があるかは分からないけれど…。(家族からもまたぜひやってほしいとの声が多かったのだけどね…。)

 ついでながら学生たちに来年2月に少し大きなセミナーを開催するので、今度はボランティアではなくて、あなたたちの本領(※1)が発揮できる託児のブースを企画・運営まで任せるからコラボしてやってみない?って提案してきた。さあどうする学生達よ。

 世の中は楽しく面白く生きなくては!

 ※1学生たちは保育士の資格を取ろうとしている短大1年生なのです。





ホームページ「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。

2013年11月 8日 (金)

がんばれ社会福祉士part2

 社会福祉士といえば相談業務。高齢者施設や、障害者施設あるいは病院、更には社会福祉協議会に福祉事務所など。けれどもそう思うのは社会福祉士あるいは医療・福祉に携わっている人達だけじゃなかろうか?一般の人からすれば「社会福祉士?何する人それ?」もしくは「福祉に携わっている人ね。」ってぐらいの感覚でしかないのはなかろうか?

 社会福祉士とはその名のごとく社会と福祉を司るプロフェッショナル。英語で言うならソーシャルワーカー(social)社会的な(worker)仕事をする人。福祉の仕事をする人。さてそれでは福祉とは…。福祉の「福」はさいわい・しあわせを意味し、福祉の「祉」はしあわせを意味する。つまり福祉とはWなしあわせを司るプロフェッショナル。どうせなら「あなたも私も幸せになる(する)プロフェッショナル」「社会の幸福を司るプロフェッショナル」としよう。決して相談業務だけが仕事じゃない。

 社会を幸福に導くために、社会の課題に対してアプローチする。そのため時にはアウトリーチ~こちらから積極的に対処する~ことも必要。

 周りを見渡せば、所得の再分配はなされず格差は拡大する一方、リストラなんて当たり前、解雇特区などという企業優先人間無視。その他もちろん自殺、引きこもり、鬱。ついでに過疎に少子高齢…etc。社会の課題はわんさか溢れ出している。(ちなみに私は共産党支持者ではありません!)

 さあ、それをどのように福祉的アプローチで解決に導いていくか…。

 社会福祉士=相談援助=社会福祉士の凝り固まった概念。15(16?)教科の試験勉強で頭にこびりついてしまった…。もちろん相談支援もとても大切な仕事には違いない。それでもって多くの人の生活を支えているのも事実であり、多くの人々の自立支援を行っている。尊敬すべき人も多い。けれども今の世の中いかにこれまでの固定概念を外していくかが大きな課題となりつつある。

 社会福祉士の頭の中にインプットされている社会制度。児童福祉に高齢者(老人)福祉、障害者福祉に公的扶助。法律(制度)が変るたびに覚え直さなきゃいけないなんて…大変。けれどもその介護保険は大丈夫?医療保険は大丈夫?生活保護は見直され福祉はどんどん削られていっているけど…。社会保障費の増大で先細りになる一方の社会福祉。お上の成すことに素直に従うだけでいいのか?

 いくら制度を知っていても仕方がないんじゃないの?はっきり言うと「公的制度」は終わりを迎えようとしている。TPPなんて来たら…、国債の金利が大幅に上昇したら…社会保障制度はどうなるの?「公」単独ではにっちもさっちもいかなくなってきた。今求められているのは公共へのシフト。

 社会を幸せに導くために、社会福祉士に求められるのは「新しい社会を構築する役割」。

 企業はイノベーションが求められる。けれども現在もっと求められているのが社会のイノベーション。資本主義の行き詰まりはもう誰の目からも明らか。未来のお金を先取りし、そこに開いた穴にひたすら資金(紙切れ印刷物)を投入し穴埋めしようとしている。そして社会の1パーセントがよければいいという社会にしていこうとしてる。それは世界だけじゃない。日本にしたってそう。アベノミクスで(社会)福祉に就いている人の給料上がります?介護保険の報酬が上がると思いますか?給料上がらず、物価が上がるだけでは?今では全国津々浦々犬も歩けば介護施設に当たる状態なのに…。それどころかちょっとお上にとって都合の悪いこと言えば機密漏らしったって捕まえられちゃうかもしれない。

 公共へのシフト、相互扶助。ひとり一人が公共に携わっていく時代。それをリードするのは社会福祉士。もちろん社会福祉士だけでも無理。けれどもそれを導いたり、つなげたりするのは得意のハズ!?

 せっかく専門の勉強したんだから、既存のもの(だけ)ではなく新たなモノに活かしませんか。ソーシャル・イノベーター、ソーシャル・クリエイター。社会的視点をもっているならばそこに加わっていくことが必要だ。

 がんばれ社会福祉士。あなたたちはWのしあわせを司る人なのです。そしてそのWの幸せを生み出すには社会のイノベーションが必要。さあ新しい社会福祉士像を創造していきましょう。そのために必要なもの。それはまずはその意識を持つこと。

 なぜなら「意識が現実を創造する!!」のですから。

 前を向いて進みましょう。




 ホームページ「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。

2013年10月10日 (木)

がんばれ社会福祉士

 国家試験を受け社会福祉士の称号を得たのは10年前。今でも試験勉強よく頑張ったと思う。当時介護の現場でバリバリ働いていており、家に戻ってから勉強するとすぐに眠くなってしまうので、朝3時に起きて勉強開始。早番、日勤、遅番そして夜勤の仕事をこなしながら勉強すること2年、あこがれの(?)早稲田大学で受験し、そして見事に合格。登録を済ませて晴れて社会福祉士に!

 が、しかしだ、いざ社会福祉士となってみたものの、その資格は名称独占であり、この資格がなければ就けれないという仕事はない。ちなみ名称独占とは、資格がなくてもその業務が行える。しかしその資格がなければその名称を名乗れない、というもので、医師や看護師、あるいは弁護士は、その資格がなければその業務が行えない、(資格がない状態でその業務を行うと刑罰の対象となる。)業務独占と呼ばれる。

 そして挙句の果てには介護保険の中でケアマネージャーと呼ばれる人がいるが、本来これは社会福祉士が行うもののはずなのに、その絶対数が少なかったゆえに、介護支援専門員(ケアマネジャー)という公的資格が創設され、社会福祉士もその試験を受けなければならなくなり一部試験科目の免除があるだけで、全くの別物とされてしまった。

 一体社会福祉士とは何なのだろう?受験資格とすれば最低4年制の福祉系大学を出てなければならず(僕の場合は一般大学卒業のため2年間の学校)、合格率3割程度の試験を突破して国家資格を得たものの、いざ相談業務に就こうと思えば、そこには社会福祉主事という短大・大学を出た人で、34科目のうちの3科目の単位を取得していればよいという人と同じ扱いで…。資格手当として5千円上乗せ…。(5千円の価値しかないのか…。)

 陰では、「難しいけれど、役に立たない資格(NO1)」といわれる始末。そんなこともあり僕は3年前に一度この社会福祉士という資格を捨てた(封印することとした)。

 と散々愚痴をこぼしてしまったけれど、最近社会福祉士を復活させようと思っている(復活させた。)。なぜなら今こそ社会福祉士の出番と思うからだ。

 現代社会を見てみれば、自殺、鬱、引きこもり(ニート)、いじめ、虐待、社会格差、雇用問題etcと山積みだ。そして消費税は引き上げられ、福祉は実質切り捨ててられ=弱者は切り捨てられるようになっている。大企業ばかりが優遇され、低所得者(貧乏人)は小遣い代わりに1万円~1万5千円支給してやるから黙ってろ!と、これ以上人を馬鹿にしたことはない。経済成長ばかりが訴えられ、社会課題は後回し。経済成長すれば社会問題は解決するとでもいうのだろうか?

 このことを訴えられるのは誰か?テレビや新聞のマスコミは今や完全に長いものに巻かれろ状態で声を上げることはない。(国の)政治家も頼りにならない。今社会の問題に対して提言できるのは社会福祉士だ。それが社会福祉士の役割だ。社会福祉士は現状に甘んじていてはいけない。社会の課題に対して積極的に関与し、そして解決策を模索していくべきなのだ。

 なので思えば社会福祉士は名称独占でよかったのだ。業務独占であったならば、そこに安住してしまうだけだった。社福士は広く浅く学んできただけに、多方面にかかわることができる。名称独占とは「国家資格を取ったからといって、それだけで満足しちゃいけないよ。」という意味だったのだ。けれどももし社会福祉士がこのまま今ある相談業務だけで満足しているならば、それこそ無駄な国家資格ナンバーワンだ。

 それと気を付けないといけないことがある。それは現代の社会課題は福祉だけでは解決できないということ。福祉業界は得てして業界内で自己完結しがちなところがある。それではだめだ。その壁を乗り越えて幅広い分野と一緒に取り組んでいく必要がある。社会の領域は協働をしていく時代。社会福祉士はその協働をコーディネートしていく必要がある。そんな時こそ「私、社会福祉士の(国家)資格を持ってまして…」って利用すればいいのだ。

 最後に、現在日本が必要としているのは経済成長ではなく、経済成長時代からのシフト、共有、共生の時代の創造。センスある社会福祉士はその感覚を持っているはず。今こそ社会福祉士の出番だ。がんばれ社会福祉士。ソーシャルワーカーからソーシャルデザイナー、ソーシャルシフターへとブリッジしていくんだ!

 時代を創造できますよ、社会福祉士さん。超重要資格ですやん…。




ホームページ「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。

2012年5月 3日 (木)

日本語

 毎日地元のローカル紙(愛媛新聞)に目を通しているのだが、「なんだって!」と思う記事によくぶつかる。ということで今回も新聞の記事から。

 今回は今小学生の間で「英検」人気が高まっているそうで、全国でこの10年間で受験者数が約80%増。愛媛でも11年度は1409人受験したとのこと。中には準2級を受ける子もいるとか…。

 まず始めに僕は英検3級しか持ってない。それでも1以上外国で生きてきた。そんな僕でも言わせていただく。「小学生で英検なんて受ける必要ない!それよりも国語『日本語』教育を大事にしろ!」。

 確かに現在日本の企業でも社内の共通言語を英語としたところも出始めている。英語が喋れると世界中の人々と意思疎通できるので便利だ。そして小さな時から英語に慣れ親しんでいると、あとあと苦労しなくてすむ。いわゆるドメスティックバイリンガルというよなもの。きっと親がこれからは英語が喋れて当たり前。そして自分は学生の時英語で苦労した、海外旅行で恥ずかしい思いをしたなどの経験から小さい時から英語を習わせて…などと考えてのことだろう。

 けどはっきり行って英語なんて日本で何十年学ぶより、現地でもまれた方があっという間に身につくものだ。20代からでも全然遅くない。高い授業料払って英検受けるよりも、もっと他に払うべき箇所があるのではないか。

 そして何よりも僕たちは「日本語」を大切にしなければならない。それは僕たちは日本人であるということももちろんであるけれど、それ以上に日本語こそが天から与えられた素晴らしき言葉であるからだ。

 日本人は季節を眼や肌で感じるだけでなく、耳からも感じることができる。虫の鳴き声、風の音、そんなところからも日本人は季節を感じ、風流に浸ることができる。

 ではそれは何故かというと、日本語は母音言語であり、この母音言語の特徴として、母音言語を使う民族は、右脳の働きの一部を左脳でまとめて機能させてしまう。母音言語を使う民族は、日常的に左脳・右脳を同時に使って物事を認知するので、他の民族よりも、自然の音や気配、色彩がよりビビットに反応する。(AK ウィークリーレターVOL-319より

 ということもあるが、それよりも大切なのはこの日本そして日本語は「言霊(ことだま)」の国であり、言葉であるということである。言霊とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。つまり神様とつながるための言葉である。神というのが胡散臭く感じるならば天、あるいはより大きな世界、もしくはサムシンググレートでもいい。

 ちなみに終戦後GHQが日本の力が蘇ることを恐れて教科書に絶対に載せさせなかった言葉がこの「言霊」であるらしい。

 その言霊の宿る日本語を正しく教えずして、英語を優先するとは悲しいという以外にない。日本人の持つ力をそぎ落としているといっても過言ではない。

 僕たちは日本人であること、日本語を話す民族であることを過小評価しすぎなのだ。本当はすごいことなのだ。もちろんそれで傲慢になることはない。謙虚でいればいいい。けれどもこの天とつながれる言葉を話す者としての誇りは持っていたい。

 だからこの日本はこうして繁栄もしてこられた。そして歴史上で素晴らしき共生の時代をも作りあげれた国なのである。日本語の持つ力、そして繊細さ。どれもが素晴らしいもの。そのことを理解するとこの言葉をおろそかにはできないはず。

 もっと日本語を大切にしよう。そしてこの日本語を話し、自然と調和する能力を持つことに誇りを持とう!