« 2018年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2018年9月

2018年9月 7日 (金)

謙虚にならなければなりません

北海道で震度7の地震があり、相当の被害が出ています。

火力発電所にも被害が出て、しばらくの間北海道は電力不足に陥いるようです。

また大規模な山崩れが発生し周辺にあった民家が土砂に押しつぶされたりもしています。

私が最初に朝のニュースで見た映像は厚真町の民家があった周辺の山崩れだけだったので、「凄い崩れ方で大変だな。」としか思わなかったのですが、昼のニュースで付近の山々一体で崩れている映像を見て、恐怖すら感じました。

そしてこれは全て「天からの人間への警告」であると思った次第です。


20180906(時事通信9/6画像より)


昨日台風21号の影響で関西国際空港が水没し、一時空港自体が孤立した状態になった映像をニュースで見ました。

その時に感じたことは、「どんなに人間が自然に対抗したとしても、そして(人間が)これで大丈夫であると思ったとしても、自然はそれを容易に超えてくる」ということを伝えているのだということでした(※1)

そして今回の山崩れと、まさに自然の脅威を知らされたように思いますし、本格的に人間に対する警告が始まったといえるのではないでしょうか。



振り返ればそれは7月の西日本豪雨での土砂災害による地域の孤立、川の氾濫により地域の水没などの被害から始まり、この夏の連日の酷暑と今自然は次々と人間に自然の力を見せつけているのだと思うのです。

けれどもそれは全て人間に対する警告と気づきの促しです。




昨年の6月心の中で妙に胸騒ぎを感じることがありました。

それはもう地球はそろそろ限界に達しているのではないだろうか、もしこのまま人間がエゴ一辺倒で地球を破壊することばかり繰り返したならば、きっと地球は人間に対して牙をむき始めるのではないかというものでした。
 

 これまで地球の破壊について、誰もがそのことを感じてきてはいたものの、ほとんどの人が何もすることなくこれまでと同じことを繰り返してきました。

誰もが環境破壊を言いながら他人のせいにしてきました。

企業が悪い、政治が悪い、社会が悪いと誰かにその責任をなすりつけてきたのです。

確かにそれらも悪いです。

企業も政治も自らの利益ばかりを追求し、自然や社会を破壊してきました。

けれどもその責任は彼らだけにあるのではありません。

私たち自身にもあるのです。

その企業の製品を選んできたのも私たちです。

そしてその政治家を選んできたのも私たち一人ひとりなのです。

本来ならばどこかで「NO」を突きつけることもできたはずです。




日本人は元来自然と共にありました。

それがどんどん変わっていき、いつしか自然を平気で壊していくようになってしまいました。

特に太平洋戦争後からその勢いは激しくなり、ほとんどの日本人がその流れに乗ってしまい、経済(自己利益)を第一とし、ものを大切にする心も、自然を大切にする心も忘れてしまいました。




思えば311の東日本大震災はまさにそのことを知らしめるためのものでした。

そして一時は日本人は世界中の人々ともに天に祈り、願いました。

けれども残念ながらそれは時の流れと共に薄れていき、次第にまた元の経済優先、我優先の生活に戻りつつあるのが現状です。




今自然はこの猛威を通じて、日本人一人ひとりがもう一度自分のあり方、自然とのあり方を見直すように警告しているのだと思います。

そして生命の大切さを教えているのだと思います。




私たちは今一度自然に対して謙虚にならなければなりません。

畏敬の念を取り戻す必要があります。

私たちはどんなに自然に対抗しても、自然には叶わないのです。

そして私たちは自然の恵みによって生かされていることを思い出さなければなりません。

そしてそれに見合った行動をしていかなければならないのです。



では見合った行動とはどのようなものであるかというと、一度にしても無理が来てしまいます。

長く続けることはできません。

例えば確かにまだまだ暑いです。

冷房を使わずにはいられないことも多いでしょう。

そして熱中症を予防するためにも冷房をつけることも必要でしょう。

けれども適正温度+1度の設定にしてみませんか。

その気持ちと行動から始めることが次なる行動へとつながっていきます。




それでももしかすると既に遅すぎたかもしれません。

しばらくは私たちはその警告を受け続けなければならないかもしれません。

けれども自然に対する謙虚さを取り戻し、祈り感謝すれば、きっと自然は、そして天は、私たちに救いの手を差し伸べてくれることと思うのです。
 

 

 (※1)関西空港は工事時点で手抜きがあり毎年毎年地盤沈下していたということもあり、人災ともいえますが、台風21号による被害全体をみると自然の猛威といえ、その象徴ともいえます。

« 2018年2月 | トップページ | 2019年4月 »