« 新しい日本を創ろうよ⑨~この世に生まれてきた理由を考える~ | トップページ | 混乱期の中で生み出されていく文明の終焉と誕生 »

2017年8月23日 (水)

黒から白を生む:北への思いから日本へ

以前北朝鮮のアメリカへの挑発に対して、アメリカに一発くらわせて、それを契機に日本が目覚めればということを書きましたが、北朝鮮のアメリカへの挑発は過激さを増す一方で、遂にはグアムに一発との脅しとなってきました。


核兵器を完成させたのかどうかはともかく、ミサイルのエンジンはウクライナ製であるといわれ、裏の世界では戦争勢力を始めとしていろいろな国や機関、そして人々が動いていることが分かります。その中で大将(正恩)も士気高揚としていますが、ある意味戦争を起こすためのコマとして踊らされているのでしょう。


Photo_4


このところの北朝鮮とアメリカのやり取りを見て感じることは、一発くらわしてとの思いを通り越し4つのことを感じています。ひとつ目はアメリカの弱体化であり、二つ目は核兵器の威力と恐ろしさ、3つ目に人間の愚かさ、そして最後にやはり日本よもう一度です。


かつて東西冷戦と言われた際には、ソビエトとアメリカ合衆国の大国2国がにらみ合い、核兵器の製造合戦と対立を繰り広げてきました。その後ソビエトが崩壊し、合衆国の一強となり、世界の警察として君臨してきました。それが今や東アジアの北朝鮮という小さな国に挑発されている状況です。時代の変化と合衆国の弱体化を感じずにはいられません。


その北朝鮮はというと、これまで再三にわたる世界の核兵器開発停止の呼びかけにも応じず、その開発を進めると同時に、ミサイル発射の実験も繰り返してきました。そして遂にそれはアメリカ領域に届くまでになり、合衆国領土攻撃の脅しをするまでになりました。(小さな国でも)核兵器を持つと世界中を脅かすことができます。改めて核兵器の威力と恐ろしさを思い知らされます。


この核兵器を使用すれば地球を木端微塵に破壊することも可能でしょう。例え北朝鮮の持つ核兵器にそこまでの威力はなくとも、広島のものよりも数段威力は大きいでしょうし、使用されれば多くの人間や生き物が死ぬこととなります。善良な市民、無邪気な子供たち、更には動物などの多くの生命が巻き込まれ死にます。たとえ生き延びたとしてもその後の後遺症に悩まされ続けます。このような兵器でもって世界を支配しようとする人間は愚かです。全く持って愚か以外に言いようがありません。


Photo_6


状況からして現在私たちはぎりぎりのところにいるのかもしれません。独裁者国家が核兵器を持ち、かつての大国をそれでもって脅しているのです。一歩間違えると本当に戦争が起こり、第三次世界大戦や核兵器の打合いになりかねない状態です。世界中が真っ暗な中にいるといってもよいのかもしれません。けれどもこのような状況だからこそ見えてくるものがあると思うのです。それは黒さの中の白、つまりは「愛」であったり「賢明さ」です。



核兵器や戦争は人間のエゴがもたらした究極のものであるとも言えます。人類絶滅、地球の滅亡とつながるかもしれません。しかしだからこそそこに「愛」がより一層輝いてくるともいえます。夜明け前の金星のように真っ暗な東の空に輝いてくるように思うのです。それは個々人を通り越した愛です。「人間」「地球」そして「生命」という大きな愛です。私たちはそこを見つめていかなければならないと思うのです。


またこの人間の愚かさが生み出した暗闇の中で、だからこそ人間の賢明さもまた輝いてくると思うのです。人間は愚かな動物です。けれども知恵ある動物でもあります。人類がここまで発展してきたのもその知恵を使ってきたからです。だからこそ今知恵を発揮し、人間の持つ賢明さを信じるべきだと思うのです。


そしてその愛と賢明さを発揮し、世界を平和へと導くのは日本人の役割ではないかと思うのです。日本は世界で唯一の被爆国です。太平洋戦争の終結として2発の核爆弾を使用され、多くの人々が亡くなり、その悲惨さと苦しみを知っている国です。更には原子力発電の爆発とメルトダウンを通じて「核」自体の恐ろしさを身をもって体験した国でもあります。唯一の被爆国であり、放射能の恐ろしさを体験した国であるからこそ、その愚かさを訴えられることができると思うのです。


Photo_7



寄らば大樹の陰ではありませんが、これまでのようにアメリカの核の傘に隠れて、安全に過ごしていくという時代は終わりました。北朝鮮はイランやパキスタンのように離れた国ではありません。日本海の向こうの隣国です。だからこそ日本は余計に「核」の廃絶を先頭を切って行わなければなりません。


日本はこれまで多くの国を援助してきました。無駄な援助や裏のある援助等も多々あったのでしょうが、日本に感謝している国も多いはずです。太平洋戦争の際にも、間違いも多く犯しましたが、他国の自立を支援してきたことも確かであり、それを今でも感謝している国もあります。また日本国民の勤勉性は世界中の人が認めるところであり、今日の発展において日本が寄与した部分は大きいものがあります。だからこそ日本は新たな平和の道を模索していかなければなりません。


Photo_5


西洋の歴史は争いと奪い合いの歴史であり、その根底にあるのは「恐怖と屈辱(リベンジ)」です。そこに彼らの持つ理性と論理がうまく働けばよいのですが、これまでの外交のあり方からすると必ず自身の優位性を保とうとするに違いありません。それでは今回の大将との和解には至らないように思えます。一方日本人のDNAには中和と調和の遺伝子があります。東洋と西洋をここ150年間も中和させてて来ています。更に縄文時代からすると1万2千年以上の歴史を持つ国です。それを持ってこの暗闇を照らす金星への道筋を切り開いていくべきだと思うのです。



今や小国が大国と対等に渡り合える時代です。アメリカの言いなりとなり北朝鮮を非難するばかりではなく、愛と賢明さで持って北朝鮮とアメリカの融和を図り、世界を地球を新たな次元へと導く日本であってもらいたいものです。





らいふあーと~僕らは地球のお世話係~


« 新しい日本を創ろうよ⑨~この世に生まれてきた理由を考える~ | トップページ | 混乱期の中で生み出されていく文明の終焉と誕生 »

SocialEyes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒から白を生む:北への思いから日本へ:

« 新しい日本を創ろうよ⑨~この世に生まれてきた理由を考える~ | トップページ | 混乱期の中で生み出されていく文明の終焉と誕生 »