« 新しい日本を創ろうよ⑤~明治から現代を紐解く~ | トップページ | 新しい日本を創ろうよ⑥~現代から未来へ!~ »

2017年7月 1日 (土)

日々こそ修行

かつて日夜坐禅を組み、毎晩お経を唱え、休みの日は山を走るように登って修験道に励み、そしてついには会社を辞めてお寺に籠もり修行に励んだことがあります。あの頃はひたすら悟りを求め、仏道に励んでいたのですが、今思えばあれは何だったのだろうと思います。いくらお経が読めて唱えられたとしても、仏教の知識をいくつも覚えたとしても、一体それがどれほどのものかと思うのです。
             
もちろん仏道修行によって多少は自分自身を鍛えることができたとも思います。けれどもそれは年に1度の誕生日や、試験に合格した日のような特別の日に過ぎないのではないかと思うのです。例えばもし重い病気を持つ子どもが誕生日を迎えたら、その子の両親の喜びはひときわ大きいでしょう。あるいは数年間毎晩勉強をつづけてきた結果試験に合格したらその喜びと感慨深さはとても大きく深いものでしょう。けれどもそれは日々の病気との闘い、そして毎晩夜遅くまでの勉強の日々があったからこそその喜びがあるのです。それらがあって初めての賜り物です。だから特別な日、つまりは結果も大切ですが、それよりもいかに日常の日々を生きるかということの方がよっぽど大切だと思うのです。

Guardiandeityofchildren66626_640

             
同じように世の中には政治家で先生、先生と呼ばれる人もいます。確かに自分を犠牲にして国民、県民、市民のために日々汗水たらしているならば偉いと思います。けれどもそのような人は今ではほとんどおらず、(特に国会議員と呼ばれる人などは)利権を手に入れるために裏では何をしているか分からない人がほとんどではないでしょうか?大企業のトップも同じことです。何千人何万人という従業員のトップに立ち多くの人から凄いと思われます。けれども一体どれだけの人が日々従業員の幸せにすることを真剣に考え、彼らを守ることを考えているでしょうか?そしてどれだけの人が本当に社会に役立つものを提供しようとしているでしょうか?
             
そのような人たちよりも子供たちをしっかりした大人に育ててきた、あるいは育てようとしているお母さん、お父さんが一番偉いと思うのです。おじいちゃんおばあちゃんの残りの人生を幸せに生きてもらうために日々汗水たらしている人こそが偉いと思うのです。そして本当に従業員の幸せを考え、本当に社会への貢献を日々実行している経営者が偉いと思うのです。
             
そこに難しい理論も哲学も必要ないと思うのです。ただ日常を誰かの(幸せ)のために生き、それが知らず知らずのうちに自分を高めることにつながっている。それこそが偉いと思うのです。

Pmletgo1648866_640

             
もうひとつ私の経験からの話しとなりますが、かつてお寺で修行をさせてもらっていた時、住職(法主)のお母さん(お母さん先生)のお墓を掃除したことがあります。墓石を拭きながら「ああ法主は偉いなあ、それに比べて自分なんて…。」とひとり呟いたことがあります。その時心の中にポンッと入って来た言葉があります。それは「(自分が)今何をすべきか、何ができるかを考えて、それを一生懸命する人が一番偉い!」というものです。それは私の中に偶然思いついた言葉ではなく、きっとお母さん先生が私を諭してくれたのだと思いました。
             
世の中には凄いことをやり遂げ、有名となっている人がいます。確かにその人たちの偉業は素晴らしいです。(簡単には)真似できないものです。でも本当に凄いことはその偉業ではなく、その人たちの日々の生活の中にあり、それは有名になるとか、ならないとか関係ないのです。お母さんも同じです。お母さんたちは、赤ちゃんが泣けば、ミルクを飲ませ、おむつを交換し、夜中でもその子のために起きて抱っこをします。一生懸命です。そしてその子の成長に合わせてその子に必要な援助(世話)を行います。そうして日々子供の成長を見守っています。それはただただその子を思ってのことであり、ある意味無心です。その日々のあり方、そこには誰が偉いも、偉くないも関係ありません。有名、有名でないも関係ありません。その時その時を一生懸命に生きるそれこそが偉いのです。
             
すなわち日々の生活そのものが人間の一番の修行であり、それは決して特別なものではないのです。その日その日をどう生きているか、どう自分自身と向き合っているか。それが本当の修行の姿であり、生きる姿です。そしてその姿こそが美しいのだと思うのです。
             


合掌


Sun622740_640



             
格言「修 行」(PDF)
             
             



らいふあーと~僕らは地球のお世話係~
             
             

« 新しい日本を創ろうよ⑤~明治から現代を紐解く~ | トップページ | 新しい日本を創ろうよ⑥~現代から未来へ!~ »

詩的空間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日々こそ修行:

« 新しい日本を創ろうよ⑤~明治から現代を紐解く~ | トップページ | 新しい日本を創ろうよ⑥~現代から未来へ!~ »