« 現代における宗教の役割 | トップページ | お金のアファメーション »

2017年4月19日 (水)

使命を問う:混乱期の生き方

情報が錯乱しています! 一体何が本当なのか分からない状況です。 これまで信頼できる情報を提供してくれていた人々の間でも見解の食い違いが見られており、誰が正しいのか、何が本当なのか分かりません。 今の時代誰か特定の人の見解を一方的に信じることが難しいのではないでしょうか。ただし大手メディアからの情報をうのみにしてはならないことは確かです。


果たしてこのまま行くと戦争が起こるのでしょうか?それとも起らないののでしょうか??? 戦争を起こしたいがために煽る勢力がいることは確かです。けれども大半の人は武力よりも対話を求め、そして平和を求めています。そこで戦争勢力はひたすらプロパガンダを流し続け、不安定な情勢を作ろうとしています。 ニュースで報道される人々の言動を深読みすれば、それは表の言葉と裏の意味は全く違うことを述べているのかもしれません。 今や何が起こっても不思議ではない情勢です。よほど次元をあげて物事を俯瞰しないことには本当のところは分からないのではないでしょうか?


Photo


このような状況の中でひとつ思うことは、これは人間同士の争いを超えて、天と地(光と闇)のせめぎあいがあるようにも思えるということです。人智を超えた世界の中で大きな動きがあり、それが私たちの3次元世界に大きく影響を及ぼしているように思うのです。見えない世界では現在とてつもなく大きなプランが進行されているのではないでしょうか。


Photo_2


それではこの混沌とした情勢の中で私たちはどのように生きていけばよいのでしょうか? 時代に翻弄されつつも、真面目にこれまでどおりに生きていくのがよいのでしょうか? それとも自分なりに先を予測して動いていくのがよいのでしょうか? あるいは何も考えずにただ淡々と生きていくことがよいのでしょうか?



淡々と生き続けられるならばそれが一番よいのかもしれません。けれどもこの先そうして生きていける人は少ないでしょう。どう生きればよいかの答えは出しかねますが、ただ一つ、この混乱の中で、地球上に暮らす人間の浄化が見え隠れしているように感じます。 更に一部の人々には意識の急激な変化が起こっているようにも思います。だからこの先は理論がどうこうというよりも、自分自身の直感を信じていくのがよいのではないかと思うのです。(もちろんそのためには直感を鍛えないといけませんが。)そしてこのような時こそ自分の今世この世に生まれてきた意味、今世何をすべきなのかの使命を問うのがよいと思うのです。


なぜなら私たちは生まれてくる前に、今世どのような課題をクリアし、どのようなことを成し遂げるかということをプランニングして来ているからです。この世に生まれてくる前の世界(5次元世界)は、この3次元世界よりもずっと認識力では勝っています。その中でプランニングしたものなので、現在の状況等もきっと見越しているはずです。故に使命を問い、それに従がうことが一番正しいと思うのです。




ただし私たち人間には今世この世での自由意志が与えられてもいます。それ故にあの世で計画したプランは顕在意識ではなく深層意識の中にあります。だから今世この世の人生がプランニング通りに進むこともあれば、そうならないこともあります。その答えがわかるのはあの世に戻った時です。もし社会情勢と自由意志だけに身を任せてしまえば、混乱の渦に振り回されてしまうことになり、計画したものとは正反対の結果となって終わってしまうかもしれません。


故に自身の心に今世この世での使命を問い続けることがより大切となります。そうすれば使命を心の中で感じながら自由意志でもって選択していくことができます。そして使命に基づいているときはきっと深い部分で納得することができます。それがきっとこの混乱期を乗り越えていくための一番の対処法であると思うのです。



Photo_3


(平成29年8月一部修正)



らいふあーと~僕らは地球のお世話係~

             

« 現代における宗教の役割 | トップページ | お金のアファメーション »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スピリチャル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使命を問う:混乱期の生き方:

« 現代における宗教の役割 | トップページ | お金のアファメーション »