« 人生の目的 | トップページ | 教育について思うこと »

2016年11月30日 (水)

限界と可能性

先日6日間に渡りまちづくりと障害者の理解を兼ねたイベントを開催しました。期間中計3つの企画を実施し、なんとか無事に(?)終わることができたのですが、このイベントを通じて僕の限界と可能性の両方を感じることとなりました。

まず限界ですが、ひと言で言うと「ひとりで行うことの限界」です。
企画を立てた当初は何とかなるだろうと気楽に考えていたのですが、準備を進めていくうち、そして実施日が迫ってくるにつれ、1人では到底できないことを思い知らされ、イベント期間中には限界もろに感じることとなり、至らないところだらけとなりました。

自分ひとりでできることは限られている。仲間が必要である。

ということをつくづく感じました。
しかしながら企画によっては多数の人がボランティアとして参加してくれ、それは感謝以外のなにものでもなく、仲間や協力者のありがたみを感じると同時に、僕の呼びかけに応じてくれる人がいる、僕はひとりではないということを感じさせてもくれました。

そして限界と同時に感じた「可能性」ですが、
イベント実施までに数多くの不安に襲われました。時にはいつも協力してくれる人に改めて頭を下げに行ったこともありました。そうして協力してくれることを約束してもらったりしたのですが、それでも不安や課題は次々とやってきました。

そこでそれらの課題や不安に対してとにかく対処するための行動を起こしました。課題と思ったことがあれば、その対処に取り組む。そうすると行動するたびに一つひとつそれらが無くなると同時に、大丈夫という確信に変わり、やがてそれはイベント実施への自信へとつながっていくことになりました。

結果、行動したところは確実にうまくいき、策を講じられなかった(一人では何ともできなかった)ことは、そのまま如実にボロが出ることとなりました。まるでそれは自分の行動や意識がそのまま現われたというものでした。

天は見事にそれを現実として現わしてくれました。

準備片付けを含め8日間にわたるイベントでしたが、結果体はボロボロ、しばしの休養期間が必要状態となりました。それでも前準備の際に感じた疑問の解決のために気がつけば再び行政を訪れ提案をしている僕がいたのでした。

なんだか最近僕自身がやりたいと思ったことの実現に向け、いつしか行動を開始している自分がいるのです。

僕自身が自ら行っているのか、それとも天が動かしているのか分かりません。それでも時代の移り変わりをひしひしと感じている僕がいるのは確かなことです。果たして僕は蛹からかえったのでしょうか???

いずれにせよ仲間をつくらなければいけません。



らいふあーと~僕らは地球のお世話係~



« 人生の目的 | トップページ | 教育について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

セルフポートレイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限界と可能性:

« 人生の目的 | トップページ | 教育について思うこと »