« 今年の台風に思うこと | トップページ | 神様の人生ゲーム »

2016年9月 7日 (水)

ルート地球のお世話係パート1

夏も終わり、秋となりました。

西日本の人に言わせれば、「今年の夏は暑かった。今もまだ暑い…。」のひと言に尽きるでしょう。

北海道の人に言わせれば、「今年の夏の雨はひどかった。今も…」となるのでしょう。

Photo

             
どちらにしても、ひと言で片づけてしまうのはヤバイのではないかと思うのです。
             
何故なら僕にとって今年ほど地球の危機感を感じたことはなかったからです。
             
そろそろもっと多くの人々がこの地球について真剣に考えなければならないのではないでしょうか?
             
少なくとも日本人はこの気候変動を他人のせいに、あるいは他人任せにするのではなく、自分ごととして一人一人が考えていかなければならないと思うのです。
             
Photo_2

            
そこで日本人が自分たち人間は地球のお世話をする役割を担っていることを意識するための方法を考えてみました。
             
             
最初に関係ないと思われるかもしれないけれど、「平和憲法の維持」です。
             
残念ながら参議院選挙で与党2/3以上の議席を取らせてしまった日本人は、今や(利権集団の)なすがまま状態にあると言わざるを得ません。
             
それがゆえに日本人を狙ったテロも発生してしまいましたし、おそらく次は海外で自衛隊が武力を行使する事態となり、ますます日本人が狙われるようになるのではないでしょうか?
             
日本国憲法の前文と第9条は世界の宝です。
             
(前文一部抜粋)
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
             
(第9条)
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
             
             

本来人間が意識を向上させれば、戦争などなくなります。
             
そのことを教えていたのが憲法9条でした。(この9条そのものも不必要となります。)
             
けれども現在それはどんどんと武力行使可能な方向へと拡大解釈がなされ、その根幹が崩されようとしています。
             
私たちはこの9条をなんとしても守り、戦争のない世界を目指さなければなりません。

Photo_4


次に原発の廃止です。
             
3.11で私たちはどんなに原発が恐ろしいものであり、また不必要なものなのかを身をもって学びました。
             
あまりにも多くの人が犠牲となりました。
             
それにも関らず再稼動され、再び原発依存状態に戻そうとしています。
             
マスコミも電力会社の広告宣伝費が収益に大きくかかわっているので、大げさにはしません。
             
国家もその責任を負うこともなく、全国の原発を再稼動させようとしています。
             
本来あれだけの惨事となったのですから、原発政策を見直し、新エネルギーへの転換を行うべきです。
             
現在フリーエネルギーの開発(発見)は盛んです。
             
それらの存在を認め、開発を後押しするのが国の仕事のはずです。
             
けれども既存電力会社の利益、影の国際的圧力、原発を持ちたい政治家、そして彼らの持つ利権等により、フリーエネルギー開発よりも元の鞘(原発稼働)におさめる政策が推進されています。
             
そこには犠牲者への哀悼はもとより、国民(の命)を守るという概念は存在していません…。
             
ただし(フリーエネルギーの開発において)ひとつ気をつけなければならないことは、意識の向上なしにフリーエネルギーの利用はできないということです。
             
現在の意識のままでは、つまりエゴむき出しのままでの利用では、たとえフリーエネルギーが使えたとしても、地球を破壊しかねません。

Photo_5


まずはこの「平和憲法維持」「原発の廃止・フリーエネルギーの開発」でもって日本人の意識を、マインドコントロール状態から抜け出し、自分たちで変えていく(創っていく)意識へと変えなければなりません。
             
私たち日本人は本来それができる民なのです。
             
             
レジメはこちら
             
             
             
らいふあーと~僕らは地球のお世話係~
             
             
             

« 今年の台風に思うこと | トップページ | 神様の人生ゲーム »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

スピリチャル」カテゴリの記事

Sustainable(サスティナブル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルート地球のお世話係パート1:

« 今年の台風に思うこと | トップページ | 神様の人生ゲーム »