« 幸せの芽 | トップページ | 今年の台風に思うこと »

2016年8月31日 (水)

地球のお世話係という自覚

暑さもひと段落し、秋の訪れを肌で感じられるようになりました。

ホントに今年は暑かった~。

雨も全く降らずの猛暑続きで、大地は干上がり、これは天保の飢きんならぬ、平成の飢きんの到来かと思うほどでした…。

さて、家でひたすら考え事をしていると、時々おばちゃんたちの井戸端会議の声が聞こえてきます。

先週までは毎回今日も暑いですね~。家の中でも脱水になるんだから、庭仕事なんかできませんよ~。

などと話していました。

今年の暑さは異常ということが挨拶代わりだったようです。

(勝手に聞こえてくるだけで、別に盗み聞きしているわけでもないのですが…、)


きっとこれからは話題が変わってくるのでしょうが、暑さの話を聞いて思ったことがあります。

それは、今年の暑さはおばちゃんたちの日々の生活を直撃していたわけですが、その暑さの原因は他人ごとであり、本人たちと直結していないということです。

僕が掲げている「僕らは地球のお世話係」ということは、僕たち人間一人ひとりが地球のお世話係であるという「自覚」を持ち、行動していきましょうというものです。

まずは自分たちの生活を見直し、持続可能なライフスタイル(共生・循環)を心がけ、できることから始めていければよいと思っているわけです。

これは僕が若き時に海外数か国を訪れ、国立公園を歩き、キャンプして得た地球と人間の関係「人間は地球にはかなわない。」ということから来ています。


一方で、地方のおばちゃんたちにとっては、

テレビをつければ、そこには都会に暮らす芸能人やレポーターたちが、次々とレストランや新しいお店を訪れグルメを食べ歩き、また新しい家電製品などが次々紹介され、試してこれ買おうと叫んでおり、そこには別世界が映し出されています。

それに比べて自分たちはあんな贅沢三昧することなくつつましく暮らしているとおばちゃんたちは思うわけです。

彼女たちにとっては、

・毎日(普通の)ご飯が美味しく頂けて、時々外食できる。

・ボロ(服)を着るわけでもなく、多少のおしゃれができる。

・雨露・暑さ寒さがしのげる家がある。

・子どもが育ち、孫ができ、育っていく。

・そこそこ欲しいものが買える

・そして日々の健康と安全がある。

それで十分と思っているわけです。

更に加えるならば、お上(行政)の言う通りに、分別してゴミを出し、家電購入時には節電製品に買い替え、買い物にはマイバックを使い、エコにも協力していると思っています。

総じて自分達はささやかな生活を送っていると思っているわけです。

確かに十分です。


けれどもそのうえで、もう一度生活を見直し、いかに地球の恵みで生き、「地球のお世話係り」であることを自覚してもらうか?

今回の暑さが、自分達人間の欲を追求した結果であるかということに気付いてもらうか?

どうすればそれができるのだろうか?(難しい…。)

そんなことを(おばちゃんたちの会話が聞こえてくる中で)思ったのでした。




らいふあーと~僕らは地球のお世話係~



« 幸せの芽 | トップページ | 今年の台風に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Sustainable(サスティナブル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球のお世話係という自覚:

« 幸せの芽 | トップページ | 今年の台風に思うこと »