« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月25日 (水)

永遠なれスーパースター

ここ半年の間に思い出深き2人のスターが亡くなった。

ひとりはデビットボーイ

もうひとりはプリンス。

どちらも僕の洋楽全盛期80年代の大スター。

デビットボーイは70年代と言う人もいるかもしれないけれど、僕にしてみれば、彼=「レッツ・ダンス」と「戦場のメリークリスマス」(それしか知らない…。) なので80年代の人。


そしてもう1人のプリンス。

正直大嫌いだった。

当時の洋楽番組「ベストヒットUSA」や「MTV」に出てきた時にはすぐさまチャンネルを変えるほど…。

とにかく嫌いだった。


実は80年代のスーパースターの人たちで嫌いだったのは、プリンスだけでなく、マイケルジャクソン、マドンナ、(途中から)ボンジョビなど。

今振り返れば、音楽界の大御所ばかりで、当時の僕はかなり天邪鬼なところがあったなと思える。


それでも不思議なもので数年前に突然プリンス曲が聴いてみたくなり、ベスト盤をレンタルし、オリジナルCDの中に彼の曲を入れ、この曲も嫌いだったなあと思いながら聴いているのだから不思議なものだ。


更に、最近僕が毎晩寝る間際に聴いている曲がマイケルジャクソンの「Heal the world」。

彼もまた同じく大スターでありながら最も嫌いだったアーティストの1人。

彼もまた不審な死を遂げた人…。

こうして大嫌いだった人たちの曲を、嫌いだったことが懐かしいと思いながら聴いているのだから、僕も年を取ったということなのだろうか?


そして今マイケルのこの曲を聴きながらつくづく思うことがある。

それは、彼はとてもいい人であり、この曲が彼の純粋さと本心を一番よく表しているのではないかということ。

彼はアルバム「スリラー」で世界中の人々を熱狂させ、誰もがうらやむほどのアメリカンドリームを実現させた人。

それ故に彼を神と崇める人もいれば、その成功をねたみ批判や攻撃する人もいた。(現在もいる。)

芸能人の宿命と言うべきか、世間は彼への攻撃ネタを大きく取り上げる。

人々の関心を惹くためにどれほどその話を膨らませたことだろう。


そして彼はどれほどそれに心を痛めたのだろうかと思う。

そんな想いも込めて彼はこの曲を作ったのではないだろうか?


プリンスとマイケルジャクソン。

両者は対極的な生き方であったと思う。

けれどもどちらも大成功を収め世界中から注目を浴び、そして様々なゴシップに巻きこまれた人たちと言う共通点を持つ。


そんな二人だったが故に、薬も必要だったかもしれない…。

その死は謎に包まれたままかもしれないけれど、彼らのその偉大な曲と業績は語り継がれることだろう。


大嫌いだった2人よ、そして格好イイデビットボウイよ永遠なれ!

そして世界を癒しておくれ。




らいふあーと~僕らは地球のお世話係~


2016年5月18日 (水)

バナナショック!

現在世界中のお金持ちの顔を引きつらせているのがパナマ文書。

税金払わぬお金持ち、裏金作っているお金持ち、正義面しているお金持ち、みんなヒヤヒヤしているのかも…。

この先どんな人の名前が出てくるのだろう?

正直僕には全く無関係な世界なので、どちらかと言うと野次馬根性丸出しの興味本位。

それよりも僕に直接関係するのが、パナマ文書ではなく、バナナ問題。

何でも世界中でバナナにカビが生えるという病気が広がっているらしい。

日本が一番多く輸入しているフィリピンやエクアドルにはまだ感染が広っていないようだけど、この先は???

そうなると世界中がバナナ不足に見舞われるかも⁉

僕も毎日バナナとリンゴと豆乳ヨーグルトをスムージーとして食べているのでこの先バナナが手に入らなくなったらどうしよう???

パナマショックならぬ、バナナショック!


けれどもバナナを食べるのを止める時がやって来たのかもしれないとも思う。

というのも今回のニュースを見てまず思ったのは、バナナにこんな病気が流行っているのはきっと人間のせいだろうと思ったから。

バナナは世界中の人々から愛され食べものだ。

バナナが嫌いって人は少ないんじゃないかと思う。

その主な栽培地域と言えば熱帯。

そこで世界中に供給するために熱帯雨林が伐採され、バナナ農園となる。

(今もプランテーションっていうのだろうか?)

そして少しでも早く大きくするために化成肥料をバンバン施され、更には農薬を何度もかける。

そのお陰で僕らはバナナを安く購入できているわけだ。

けれどもそんなことが永遠と繰り返されているから、細菌類に耐性が備わったり、突然変異を起こし新たな病原体となったりする。

それが世界中に広がっているのが今回の実態だと思う。

結局は人間の欲望の結果なのだ。

もしかするとバナナは病院に入院見舞いとして持って行くもののままの方がよかったのかもしれない…。

この先再びそうなるかも…。


そして僕は最近つくづく思うのだ。

それは今人為的に作られたものが次々と崩壊していく時を迎えているということを。

一番分かりやすいのが政治。

パナマ文書も含めて世界中の政治が崩れようとしている…。

その次が原子力システムに経済システム。

これらも言うまでもないだろう。

そして分かりにくいながらもこれから最も人間に大きなインパクトを与えるであろう崩壊が「お金」と言うシステム。

まもなくそのことも世界中の人々が知ることになるのだろう。

バナナ問題もそのひとつ。


さてここで考える。

バナナが手に入らなくなり困るのと、お金が崩壊してしばしの間困るのと、どっちが大きな問題だろう?

やっぱバナナかな?




らいふあーと~僕らは地球のお世話係~


2016年5月11日 (水)

草喰う時代~雑草が人間を救う!~

数年前にみかん畑の一角にミントを植えたのですが、そのまま放置しておいたらいつの間にかどんどんその面積が増えており、いまではかなりの面積を占め、フキノトウやイチゴと場所を争うようになっています。根っこが張り巡らされているので、刈っても、刈っても生えて来て困ってしまいます。


そこで去年は刈るだけで何もしなかったのですが、今年は新芽を摘み取り、乾燥させ、それを不織布に入れ、お風呂に入れてミント風呂として使用するようにしました。お風呂のふたを開けると、フワ~ッとミントの香りが漂い、心を癒してくれます。


今度はみかん畑に生えているヨモギも摘み取り、ミントとヨモギを合わせて入浴剤として試そうと考えています。更にこれらは入浴剤だけでなく、ミントティーにヨモギ茶など諸々楽しめそうです!ハーブと呼ばれたり、雑草と呼ばれたりしますが、それらは使い方次第なのです。

6aef0596c690a615b4e7f82fa09ce4dc_s



さて、先日時々訪れるカフェに行ったところ、オーナーとお客さんがスギナ茶のことを話していました。最初は何それ?と思ったのですが、とても効果があると話していたので、ネットで調べてみたところ、

スギナはミネラルの宝庫で、ミネラルが豊富な野菜の代表ほうれんそうと比較するとリン、カリウムは5倍、カルシウムは155倍、マグネシウムは3倍もあるそうです。

そしてその効能は、解熱、利尿効果、デトックス効果、鎮咳作用、結石、腎臓病の予防、腎機能の促進、ガンの予防、自律神経失調症、咳止め、アトピー改善、糖尿病の予防、肝臓病、高血圧予防、老化防止(アンチエイジング)、美容効果、ダイエット効果、美髪などこれまた驚くほど多岐にわたるのです。


006db30bd7969b370b4fc796f5fdc61d_s



これらの効能を知った時、ピン!とひらめいたのです。それは、

「これからは草喰う時代だ!」

ということです。というのは、現在私たちが食べている野菜のほとんどはF1種と呼ばれるものです。


F1
種とは
 
一世代に限り、収量が安定して形がそろった作物ができる品種であり、現在流通している野菜のタネの多くを占めている。優れた作物ができるように、異なる性質の親株を人工的にかけ合わせて種を作られたもの。


これだけ見ると悪いように思えないでしょうが、それらはスーパーなどで売りやすいように、真っ直ぐなもの、皮が厚くされたもの、あるいは大きさがほぼ一定なものとなるように品種改良されていたりするのです。


(かつてきゅうりは、グルーンと丸くなっていたりもしたが、今ではF1種が大半を占めほぼ真っ直ぐになるようになっています。)


更に近頃は、雄性不稔(ゆうせいふねん)という雄しべや葯(やく)に異常があり、花粉を作れない、又は花粉の機能不全のあるものを用いてF1種は作り出されているものも多いのです。(分かりやすく言えば生殖機能異常のものを使っているということです。)


ということで、流通都合のために、元々の野菜の持つものよりも栄養価の低いもの、あるいは本来淘汰されるべき雄性不稔の作物が大々的に出回っているのです。そしてそれらは人間が食べるとどのような影響があるのかは不明なのです。それらははっきり言って、人々の健康よりも、企業の都合を優先されたものが多勢を占めているのです。そのようなものを私たちは日常食べているのです。


A1fb8ac7e7daeb227f09811f95ffda7f_s



もうひとつ付け加えるならば、生鮮食品以外の私たちの口にするもののほとんどが今や添加物だらけとなっています。この添加物も複数(の添加物)が混じると、どのような化学変化を起こし、人体にどのような影響を与えるのか不明なのです。ちなみにドイツで認可されている添加物は10種類なのに対し、日本はなんと800種類もあるらしいです。それだけリスクが高いわけです。


更にダメ押しとして、今や水も空気も大地も、放射能や農薬、その他諸々の化学物質で汚染されているのです。


お陰で人々はみんなガンだらけとなっています。あるいは脳をやられたり、原因不明の病気となったり…。(これらの因果関係は明らかにされてはいませんが、おそらくそうでしょう。)


企業利益優先の現代どのようにしても大なり小なり体の中に悪いものを取り入れているのですが、このまま企業ビジネスの成すがままにしていると、今以上に奴ら(そこには医療ビジネスも含みます)の食い物にされてしまい、遂には奴隷となってしまうことでしょう。そうならないようにするためにはできる限り自分で自分の身を守らなければならないのです。


その為に有効な手段として、野草(ハーブ)を食べ栄養補助とデットクスを行い、健康を維持していかなければならないと思うのです。何故ならそれらは昔からあり、人間によっていじられていないが故に有効ではないかと思うのです。ましてや普段は雑草として扱われ、みんなに踏みつけられながら、刈られながらも生き延びているのですからその生命力は相当のハズです!


(雑草を枯らすことはしても、流石に遺伝子組み換えまでは企業も〈特にモ○サントも〉手が付けられないだろうし…。)


7bdd116cdd6abae074da9c725b18247d_s



スギナのほかに、ヨモギ、タンポポ、カラスノエンドウ、ドクダミetcいろいろと食べられたり、お茶として飲んだりするものがあるようです。雑草と言えばこれまでみんなの天敵と思われていたものが、これからはもしかすると救世主となるかもしれません。そう思うと道端の雑草、みかん畑の雑草どれもが愛おしくなってきます。


みなさん雑草を食べて、企業ビジネスから身を守りましょう。そして元気になりましょう!






らいふあーと~僕らは地球のお世話係~

2016年5月 4日 (水)

資本主義からガイアビジョンへ

ハーバード大学が実施した調査によると、アメリカの若者(18歳~29歳)の半数以上が現在の資本主義を支持していないそうだ。(記事はコチラ

今でもそうだと思うが、かつて資本主義の国といえば、大抵の人がまずは「アメリカ」と思い浮かべ、

アメリカと言えば、自由の国(=民主主義・資本主義の国)、

そしてアメリカンドリーム=誰もが成功を夢見ることのできる国と思われていたもの。

けれども国内の若者の大半が資本主義を支持しないとはアメリカもすっかり変わってしまったものだ。

まあ、今やアメリカは超格差社会となり、1%が富を独占し、残り99%は低所得者層。

プアーホワイトと呼ばれる層までもが現れるようになっているのだからそれも仕方のないことなのかもしれない。

すべては行き過ぎた資本原理主義、金融投機政策がもたらした結果としか言いようがない。

強欲の行き着く先とはひどいものだ…。

Ny


では、若者たちは資本主義ではなく何を支持しているのだろうか?

大統領選挙では自ら民主社会主義者と名乗るサンダースが若者から支持を得ている。

では若者たちは社会主義を支持するかと言うと、そうでもない。

同調査では社会主義を支持するとしたのは33%

彼らの中に明確な答えはない。

記事では、若者たちは資本主義を拒否しているわけでなく、今の資本主義のあり方を拒否しているとのこと。

もちろんそれもあるだろう。

けれども彼らは現在答えの見えない世界、先の見えない世界にいるのだと思う。

もっと極端に言えば、夢も希望もない状況の中にいるのかもしれない。

Usa


インターネット社会となり、あらゆる情報が飛び交うようになっている。その中には政治経済等の様々な裏側や、表のメディアには出てこない真実が垣間見えるようになっている。

きっと若者たちはそのような中で、

何かに、あるいは誰かに頼ったとしても、結局はその何かや誰かが私腹を肥やすだけと言うことを感じているのではないだろうか。

政治家、ロビイスト、大企業、メディア、宗教家etc

これまで散々彼らから頼もしいことを言われ、信頼してみたものの、結局はそれらのみが私腹を肥やし、1%と99%に分離されてしまったのだから。

今彼らは何を信じ、頼りにしたらよいのかが分からないし、信じられるものがないのだと思う。

Believe


そこで僕は思うのだ。

法律やシステムなど人間が作ったもの、あるいは人間(政治家など)に基づいているから失望するのだ。

人には欲がある。

それは仕方ないことであるし、本能でもある。

例え欲がなくともまた別の人が現れ彼を支持するものがあると、そこに対立が生じる。

それは宗教と同じこと。

また法律やシステムなど人間の作り出したものは完全ではない。

完全に思えたとしても、時代が変われば合わなくなる。

そしてそれにしがみつき、利権を得ようとする者がいる。

それも誰もがこれまでに見てきたこと。



そうではなく、誰にも共通なひとつなもの。

そして変わることを前提にしてもよいもの。

それはガイア(地球)だ。

今こそガイア(地球)を基準にしてものごとを捉える時なのだ!

Earth


これまで人間はどれだけこの地球を傷つけてきたことだろうか?

それを考えるとみんなうつむかざるを得ないのではないだろうか?

だからそのことを反省し、今から地球環境を修復し、

ガイアとともに共生し、共発展を目指していく。

地球、あるいは地域での循環をベースとし、人間の持つ創造力を用いて、

この地球を生命豊かな星にしていく。

これを考え行動していけば、ガイアと言う概念で人間がひとつになれる!

 

人間のエゴよりもガイアを上に置くのです!

あるいは、地球を美しくするということを欲にすればいいのです。

そこには夢も希望もある!

Photo_8


さあ、さあみなさん、資本主義、拝金主義をとっとと終わらせて、
ガイアビジョンに生きましょう!

アメリカンドリームからガイアビジョンへ~ガイアドリームへ

意識を転換!




Photo_9



らいふあーと~僕らは地球のお世話係~

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »