« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月26日 (水)

人間に宿る狂気

 鬼才スタンリー・キューブリック監督の「時計仕掛けのオレンジ」。この映画前々から気になっており、いつか見てみようと思っていたのだけど、何故かいつもいつも先延ばしとなっていた。けれども先日遂にレンタルし見てしまった!

 で、見終わった直後の感想をひと言でいえば、「なんやこれ、全く意味わかんね~。お下劣なだけじゃん。きっと見る人によっては吐き気を催すんじゃないの?作者も監督も何を意味したかったのか全く分からない。」あるいは「時間の無駄。」と最初は思った。

 映画の概要としては、暴力やセックスなど、欲望の限りを尽くす荒廃した自由放任と、管理された全体主義社会とのジレンマを描いた、サタイア(風刺)的作品。近未来を舞台設定にしているが、あくまでも普遍的な社会をモチーフにしており、映像化作品ではキューブリックの大胆さと繊細さによって、人間の持つ非人間性を悪の舞踊劇ともいうべき作品に昇華させている。皮肉の利いた鮮烈なサタイア(風刺)だが、一部には暴力を誘発する作品であるという見解もある。(ウィキペディアより)

 ということで映画は主人公のALEXとその仲間たちのやりたい放題から始まり、ALEXが逮捕されてから後の無茶苦茶な展開と、それぞれのやりたい放題でもって映画は終わるのだけど、最初の「意味分からない」状態から、せっかくなのでこの映画で作者や監督の世間への問いかけを考えてみると、気がついたことがある。

 映画の最初から最後まで続く狂気。もしかするとこれは世界に宿る狂気を現したのではないか。無茶苦茶なことをする主人公、無茶な治療をする精神科医、そして彼らを利用しようとする政治家などそれぞれの登場人物から読み取れる狂気。それぞれ一歩踏み外せば狂気の世界が宿っている。これは人間の中にある狂気を描いた作品なのか?

 そう解釈しているうちに、ふと自分の中にある狂気を感じた。自分の中には確かに狂気がある。いくら世間体には真面目(?)に見えても、怒り・暴力・憎しみ・欲望など確実に自分の中にある狂気。

 普段はそれを抑えて生きている。でも時にちょろちょろ出る。なれた場所、なれた人の前ではチョコチョコと…。でもそれをもろに出してしまうとアウト!全てがぶっ飛んでしまう。

 よく殺人事件等の(テレビ)ニュースで近隣や親しかった人のインタビューが映されており、「普段は真面目でいい人だったのに…。」「いつも挨拶をしてくれて…信じられません。」なんてのがあるが、まさにこれなど狂気がモロに表沙汰となったケースと言ってもよいのではないか。

 人間の中には確実に大なり小なりの狂気があると思う。そしてそれを僕らは理性や道徳心でもって抑えて生きている。あるいは学びを通じて抑えていく。一生を通じて抑え続け、それをできる限り小さく、あるいはなくしていく。そうすることである人は「人格者」と呼ばれたりする。

 人間の中には狂気があることとして、例えばかつてはとても上品だった人が認知症となり、急に下品な言葉を言ったり行動をとり始め周囲の人を戸惑わすことがある。これなどまさにずっと抑えていたものが解き放たれたと言えるのではないか。

 ではなぜ人間には狂気が宿っているのか。どうせならない方が全然いいに決まっている。けれどもそれは確実にある。何故か。世の中すべて必然・必要のはず。なぜならそれを通じて学ぶため。人間が学び成長するため。もっといえばそれは魂を成長させるため。

 学びや魂の成長には相対的なモノが必要。相対的なモノがあることによって人は比較ができ学ぶことができる。狂気を通じて学び、成長させていく。自分の中にある狂気を抑えていくことにより相対的かつ普遍的に物事が見られ、そしてそれが魂の成長の糧となる。

 なので「狂気を宿している」ことは人間に課された使命のひとつと言ってもよいかもしれない。人間は狂気を宿しながらそれを抑え、できる限りなくしていくことが必要なのである。すなわち狂気とは魂を成長させるために人間に与えられたひとつの要素なのである。

 ついでながら現代社会(現代の人間のレベル)とは残念ながら(魂の成長よりも)狂気(により地獄に落ちる)の方が勝っている社会と言えるかもしれない。

 結論として、映画「時計仕掛けのオレンジ」とは、今でいえばR18の映画であるけれど、魂の成長を気付けせるために、あえて暴力にフォーカスした映画である。

 めでたし、めでたし。

ホームページ「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。




 

2013年6月23日 (日)

「知足」の時代

 最近つくづく思うのが「知足」(の心)があれば、そんなにお金など重要でなくなる。お金による支配〈呪縛〉から逃れられる。自由になれるということ。

 「逝きし世の面影」(渡辺京二 著 平凡社ライブラリー)を読んだのだが、江戸末期に日本に訪れた西洋人から日本の家屋を見てみると、家の中には何もない状態だったそうだ。そして日本人ほど働かずに遊びが好きな民族はないと見えたそうだ。けれども誰もが貧しいけれど幸せそうで、いつも笑っていたそうだ。そして西洋人を見るとみんなぞろぞろと付いていき、何かの拍子にみんなで笑っていたそうだ。

 家の中には何もない。働かない(?)。けれども現在博物館に行けば、僕らは江戸時代の工芸品を見てその技術や芸術性の素晴らしさに感嘆する。

 遊び好き。貧しそう。けれども当時寺子屋等が発達し、日本人の識字率は高かった。階級社会ではあったが関わらず学びの機会は平等に与えられており、実際寺子屋では年齢を聞かない、身分を聞かない、階級を聞かないという暗黙のルールがあったそう。

 きっとその根本には「知足」があり、物には囚われずにいたのだと思う。けれども向学心や好奇心は旺盛で、祭や芸能などの大衆娯楽を楽しみ、心の豊かさが求められていたのだろう。そしてその機会は日常的に多々あった。そのお陰で無理なく人生を楽しむ生活を送ることができたのだろう。

 一方で当時の西洋人の日誌には産業革命により、スピード社会となりストレスがたまり始めたということが書かれている。物による豊かさは得られたとしても既に心のゆとりは失われてきているということだ。

 当時の西洋の豊かさとは貴族・資本階級にとってのものであり、それ以外は人間にあるまじき環境の中で暮らしている。日本の武士階級の質素な暮らし、一般市民の貧しいながら幸福そうな暮らしとは根本的に違っている。

 そもそも貴族や資本家たちは奴隷や植民地という他者を支配下に置いたうえではじめてその生活基盤が成り立っており、誰かの犠牲がなければ成り立たない文化だ。そして後の市民革命による民主主義が成立した後でも、それはその名の下で永遠と続いており、今やそれがエスカレートしていることは誰もが承知するところ。

 けれども時代は変わりつつある。物質文明の行き詰まりと共に地球環境の危機が叫ばれ、人々の意識は変わりつつある。更にはこれまでの搾取の仕組みが暴かれ始め人々は真実を知るようになってきた。

 このような時だからこそもう一度「豊かさ」を考え直す時だと思う。何故江戸時代は誰もが貧しくとも幸せそうに見えたのか。一方で現代社会は家にはさまざまなモノが溢れており、誰もさまざまな衣類を身につけ暮らしているけれど、果たして幸福そうに見えるのか。幸福なのか?

 そして今こそ「知足」を学ぼう。「知足」のこころがあれば世界が変わって見えてくる。現代社会の行き過ぎが見えてくる。そして今本当は何が必要なのか見えてくる。僕らはこの200年の間に何を得、何を失ってしまったのか見えてくる。そして心の豊かさを取り戻すことができる。

 2013年の半分が終わる。旧体制が終わり21世紀の社会が見えてくる。手放せば、もっと暮らしが楽になる。しがみつけば角質と共に崩れていく。

 さあ21世紀を創っていきましょう!大丈夫あなたはもう十分持ってます。

ホームページ「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。


 



 

2013年6月18日 (火)

経済の役割

 あまり大きな声で言えないのだが、僕は一応某国立大学経済学部出身。最近人から何学部?って聞かれた時に「経済学部です」と答えることが恥ずかしい。

 なぜならその「経済」こそが日本をおかしくした主犯だからである。

 かつては何学部?って聞かれた時に、「経済学部です。」と答えると、「今最もトレンディな学部ね。」などと言われていたのだが、今では「あ、そう…。」と終わってしまう。あるいはなんだか蔑まれるような…そんな気がするのである。

 本来日本の経済(成長)はバブル経済崩壊と共に終わりを迎えていた。そして本当は終わりと共に新しい道を探るべきだった。けれどもその後も経済(成長)にこだわり続け、その結果がこの20年のあり様である。

 現実の社会状況と実施される政策は乖離する一方。社会はどんどん悪化、国の借金は膨らむ一方。そして未来の利益までも先取りするまでになってしまい、環境の破壊を含め子供たちの将来までもが不安視されるまでとなってしまった。

 そのような状況にもかかわらず未だに経済成長を掲げ、ばら撒き政策という最後の悪あがきをしているのが現状である。

 そんな状況の中で現在最後の本当に経済が果たす役割の時が来ている。その役割とは「経済至上主義」を終わらせることである。

 先にも書いたが経済至上主義はバブルの崩壊とともにもうとっくに終わっているのだが、社会の概念、特に権力保持者の中に経済第一という概念が今もこびり付いており、メディアもそれに追随し、それ以外が見えないのが現状である。

 経済とは人間が生きていく上での“One of them(手段のひとつ)”でしかないこと。ワンオブゼムとしても人間が豊かに生活していけるようになることを実感させることが現在の経済の役割である。すなわち経済(の役割)をいかに徐々に小さくしていくかということが現在の経済に求められていることである。

 別の言い方をすれば、お金の役割を小さくすること。お金だけで社会が成り立っているわけではないことの実感を大きくしていくことである。

 しかしいきなり経済を終わらせてしまうと、そこには混乱が生じてしまう。それにその占める大きさが問題であって、「経済」はなくてはならないものでもある。それ故に経済に求められるのは、徐々にその存在を小さくしていくことである。けれども今行っている政策はある日「いきなり終わらせる」政策に近い。いわゆるハードランディング。

 おそらくこのことは「経済」だけでは難しいだろう。そこで必要となって来るのが他分野との連携である。社会学、生物学、哲学、宗教学さまざまな分野との連携である。

 政府が今行うべきことはここにある。すなわちさまざまな分野を連携させ、いかに経済の比重を小さくさせるか。比重を小さくさせてながら幸福度を上昇させていくか。その連携を図るのが政府の役割であり、リーダーの行うべきことである。

 「金融緩和」「経済成長」「原発売り込み」「原発再稼働」「TPP」なんて言ってる場合ではないのだ!

 これまでの(拡大)経済の手法とは人間の貪欲と嫉妬心をあおり、いかにモノやサービス等を消費させるかということであった。けれどもその終焉は今や明らかである。

 これからの経済学はいかに最小限の消費でもって、最大限の満足を得るかということである。けれどもこれまでの経済に縛られるならばこれを行うのは不可能である。そこで必要なのは他分野との連携である。

 知足

 これからの時代に必要なのは「足るを知る」ということである。人間はこの「知足」を学ぶ必要がある。それはこれまでの(経済)成長政策とは正反対のものである。そのためさまざまな分野が連携し、ひとつの目標を目指すことが必要である。

 科学の発展は人間に物質的豊かさをもたらせた。しかしそれは同時に地球の破壊にもつながった。これからの科学は物資的豊かさではなく、最小限の消費で豊かさをえるものに変えていかなければならない。「知足」を促す科学そんなものがあってもいい。

 あらゆる分野が連携し、経済へのウエイトを減らしていく。経済学者自らがそれを勧めていくぐらいの気概が欲しいものだ。

ホームページ「らいふあーと~僕らは地球のお世話係~」もよろしくお願いします。

2013年6月13日 (木)

ほんまや…

 プロ野球でボールが飛びやすくなる変更があったにもかかわらず、その事実を隠していた問題で世間を騒がせているけれど、6月12日の天木直人さんのブログを読んでなるほどこれぞまさに本質やと妙に納得した。

 (以下転載)
 
 プロ野球統一球変更の隠蔽事件に思う

 統一球がこっそり飛ぶボールに変更されていた。 いまごろになって日本野球機構(NBP)が統一球を今季から変更していたことを認めた。 この事がきょう6月12日の各紙で報じられている。
 これに対し、非難の声が沸きあがっている。 「明らかに去年と本塁打数に差がありすぎて、やっぱりかという思い。なぜ秘密にしていたか理解に苦しむ」、「日本野球機構はまるでペテンではないか。機構が隠蔽するようではこの国の倫理は地に落ちた」 などなど。 怒りはもっともだ。 しかしよく考えてみれば無理はない。日本野球機構の会長は日本プロ野球コミッショナーだ。そしてそれは加藤良三という天下り外務官僚である。 ついこの前まで駐米大使をつとめていた男だ。 隠蔽体質は外務省のお家芸である。ちなみにこの加藤良三というコミッショナーはWBCの収益配分が日本に不利だと選手会が反発した時、米国のいう事を聞くしかないと選手会の要求を押さえ込んだ男だ。 対米従属もまた外務官僚のお得意芸である(了)

続きを読む "ほんまや…" »

2013年6月12日 (水)

こりゃ沈むわ…。

 時々夕方1時間ほど近隣を散歩するのだが、一番よく見かけるのが学習塾。数歩歩けば学習塾に当たるとばかしにあちこちに存在する。

 子供の数は減っているのに、どうしてこんなにも塾は多いのだろうと思ってしまう。

 昨年仕事の関係でとある市の子供の遊びについて親へのアンケートを行った。遊ぶ時間についての記述の中でよく見られたのが、「部活や塾で忙しくて遊ぶ時間がない」という回答。小学生のアンケートなのに…。

 僕も小学生のころそろばん(1週間)や、習字(半年)、水泳(1年)などの習い事には通ったことがあるけれど、塾には行ったことがない。けれども今の子供たちは国語、算数なども学校外で習わなければならないのかと思うとあまりにかわいそうだ。

 いま小学生から英語授業が導入されることが検討されているけれど、もし導入されたら更に塾での時間が増えていくのだろうか。

 しかしまあ、そんなに塾に通わせて一体親は子供たちをどのようにしたいのだろうか?まさか未だに少しでもよい学校にいって、よい会社入るあるいは公務員になって安定した生活を…なんてことを考えているのだろうか?

 今この時代に安定した会社なんてあるのだろうか?どんなに大きな会社だってリストラがあり、いつ倒産するか分からない。公務員これから一番危ない職ではないか…。

 ともかく近頃の子供たち(特に都会の子供たち)は過密スケジュールで、ゆっくり家庭で食事をする時間も週に1日か2日ぐらいしかないらしい。そのためそれ以外の日はパンなどのすぐに食べられるものをということになるそうだ。きっとそこにはファストフードという日も多いのでは。

 近頃は母親も働いていることが多いので、きっとスーパーで買ってきたお惣菜となることも多いのだろう。最近スーパーのお惣菜の表示を見てみると、なんと添加物の多いことかと驚いてしまった。

 今の子供たちは遊ぶ時間はない。遊んだとしても家の中でゲーム。そして食べるものは添加物だらけ。ついでに言うなら除菌だらけ。

 きっと本当に必要なことの正反対だらけの生活環境。

 こりゃ日本は確実に沈むな。

 親は一体何を考えているのだろう。あなた子供のころどれだけ勉強しましたか?ついでに言うならば周りのよい大学にいった人達はよい生活をしてますか?もししていたとしても見かけだけじゃないですか?(歯車としてだけじゃないですか?)

 僕は正直中学3年のころから勉強はよくしたと思う。そのため高校も進学校といわれるところに入り、そしてそれなりにそこそこの某国立大学に入りそして卒業した。

 その僕がこれまでの人生を振り返り言えることは、子供は遊べ!特に小学生はとことん遊べ!どろんこになって遊べ!汚くて結構!冒険しろ!そしてからだで覚えろ!中学、高校も部活はしてもいいけれど、大いに遊べばいい。もし自分がなりたいものがあれば勉強してもいい。微分積分の難しい問題解くのは特殊な人だけでいい。遊べばいい。けど本だけは読め!

 そしたらどんなことがあっても生き延びられる!これからの時代は生き延びる能力が大切!

 親たちに告ぐ。子供を立派な大人になってもらいたいならば、外で遊ばせろ!そして塾代稼ぐために働くよりも、家で子供のために手作りの料理をしろ!それが日本を復活させる方法だ。


2013年6月 6日 (木)

迷い~ハローお仕事②~

 高齢者福祉の仕事を卒業し、地域づくりの仕事についた。そしてその仕事も契約が終了となり、只今フリーな状態。

 地域づくりの仕事は「税金」での仕事だったため、2年間で貯金した100万円をそのままにしておく気にもなれず、自分がどれだけ社会に影響を与えることができるかということをやってみようということで、そのための費用とした(生活費も含む。)。そして以前関わった町でみんなでイベントを開催することとした。

 そしてイベントにはその地域の多くの人々も手弁当でスタッフとして参加してもらい、少しは影響を与えることができたのではないかなと思う。けれどもそれだけだった?(今後その地域の人がどのように活動してくれるかによる…。)

 ホントはその地域にすむ人々にその地域の豊かさを伝えたかった。というよりも再確認してもらいたかった。そしてその豊かさとともにあることを誇りに思い、できることならばそれを外に向けて発信してもらいたいと思った。

 けれども、果たしてそれができたかというと…疑問だ。

 21世紀の日本とは「自然と共にある」ということだと思う。そしてそれがまずできるのは自然のある地域。都会じゃできない。ある程度の人口がおり、さまざまな大手のチェーン店やら商業店舗があるところでは時間がかかる。もちろん工業地域なんて論外。なぜならそのようなところは経済至上主義にどっぷりとつかってしまっているから。

 正直日本中が経済至上主義に浸かってしまってはいるけれど、まだ地方のまた地方ではその中に今でも自然がたっぷり残っており、人の気質も昔ながらのものがある。そんな中にこそ21世紀前半の基盤となるヒントはあると思うのだ。

続きを読む "迷い~ハローお仕事②~" »

2013年6月 5日 (水)

迷い~ハローお仕事①~

 ハローワークに通ってみたりしてる。何か面白そうなものないかと思ったりして…。

 求人受理日の新しいものから見ているけれど心ときめくものがない…。やっぱもうどこかで雇われるということは無理なのだろうか。

 求人を見てると、毎日必ず出てくるのが介護関係。かつてプロとしてやっていた僕としては、どこで何を募集しているのか気にはなる。けれども働きたいとは思わない。

 もう4年位前のこととなるけれど、介護の現場最前線にいたあの日。Tさんが亡くなられた時に、きっとTさんは満足して旅だっただろうと思った。そして僕なりにようやく納得いく(看取り)介護ができたと思えたあの瞬間。10年間のつきものが取れたような気がした。

 それ以来介護に興味を失ってしまった。10年かけて築きあげた介護技術に介護観。誰かにそれを伝えていこうかとも考えたが、僕の心は次なるやるべきことがあると思えそれをよしとしなかった。

 だから転職し、地域づくりという仕事を2年間行い、そしてこの5月で(行政との契約が終わり)その仕事を終え、それ以来プー太郎状態にもかかわらず、どれだけ高齢者の介護業務あるいは相談業務の募集を見ても、働こうと思わない。

 けれどもこれも天のお導きかどうか、仕事を終えた1週間後にじいちゃんが大腿骨折し入院し、病院の付き添いが必要となった。そして隠居には介護の必要なばあちゃんもいる。そこでじいちゃんの夜間の付き添いと、日中のばあちゃんの介護を定期的に行うようになっている。

 じいちゃんのトイレ介助、食事の見守り。ばあちゃんのトイレ誘導、食事の見守り、入浴介助と久々に介護全般を行っているのだが、何につけてもしゃあない93歳のばあちゃんを見てブツブツ言うことはあっても、全く苦になることはない。大腿骨を骨折してオムツをつけられても、そこに排尿・排せつするのをよしとせず、トイレに行こうとする96歳のじいちゃんを見て、たいしたもんだと思う。

 こうして久々に介護をおこなっているのだが、それではどこかで再び高齢者福祉の現場で働きたくなったということは全くない。それどころかやはり僕の介護はあの時Tさんで終わったのだなと改めて思う。だから何人かに高齢者福祉に戻ってこないかと声をかけられたりしたのだけど、「時給3,000円なら考えます!」っと言って断っている。

 けれども福祉自体に関心がなくなったかというと、そうではなく、福祉全体の分野でソーシャルインクルージョンには強い関心を持っている。

 ソーシャルインクルージョンとは、障害を持っていようが、当たり前に受け入れられる社会~《「社会的包容力」「社会的包摂」などと訳される》障害者らを社会から隔離排除するのではなく、社会の中で共に助け合って生きていこうという考え方。(コトバンクより)~そんな社会づくりにはチャレンジしたいと思う。

 そう、僕の今のテーマは「共生」。

 けれどもそんな仕事の募集があるわけもなく、むなしくハローワークを後にするだけの日々が続いている。

 迷ってます。すごく迷ってます。これからどうすればいいのやら。次なるお導きが来るのかどうか。この迷いの期間の裏にある意味。それがまだ見えない。

 やっぱ意思が弱いです。まだまだ意思が弱い。2か月前の心意気が弱まり、不安が募ってる。ちょいと世間体も気にしてしまったりして…。改めて意志の弱さを突き付けられている。

 けれどもこれが人間なのだろうか。人間として当然の心理なのだろうか。でもこの期間に何か得られるものがあるハズ。それを意識できればきっとこの期間は必要なものとなるはず。

 迷いつつも、不安になりつつも、それを探そう。


2013年6月 2日 (日)

CMに騙される~

 某除菌スプレーのコマーシャル。
 カーペットの上を男達が裸足で歩く。
 それを奥さん(?)は見て、汗をかいた足でカーペットの上を歩くので菌がいっぱい。「イヤ~!」と悲鳴を上げる。
 男たちは「それなら除菌スプレーできれいに除菌!」と、某スプレーをカーペットにシュッシュッとスプレーし、カーペットは再びきれいに。

 何かおかしくない?

 夏裸足で歩くのは当たり前。カーペットの上、畳の上、あるいは夏ならゴザの上。少し高級路線なら竹や籐の上どう見ても当たり前の行為。なぜそれを「菌がいっぱい!イヤ~」って叫ばなければならないのか。

 それって奥さんが潔癖症を超えた異常。精神疾患。実はこれは除菌スプレーのコマーシャルではなく、このような症状の方は心療内科へどうぞというCMじゃないの?

 そもそも夏に毛やアクリルのカーペットを敷いたままにしているのが悪い。絨毯からゴザに変えろ!怠慢じゃ!ついでに近頃の日本の住宅は高気密だから高温多湿の気候では余計に菌が繁殖するのじゃ。近代テクノロジーに頼りすぎ。

 何でもかんでも除菌して、本当は必要な菌まで殺している日本。だからアレルギーやアトピーやら増えるのだ。そもそもじゅうたんや畳の上に菌がいるのは当たり前のこと。それをCMはそれがあたかもいけないことのように言っている。

この前テレビ番組の宣伝で、フランス人は3日に1回しか髪を洗わないということで、驚いていた。でも昔の日本はそうだったのではないか?それに本当はそちらのほうが髪に優しいんじゃないの?化学物質ばかりのシャンプーリンス使うのだから…。

 僕らはあまりに企業の戦略にはまりすぎ。そしてうのみにしすぎ。企業は常に利益の最大化を求めるもの。ある調味料の会社が調味料と一緒に小さじをつけ、それ1杯で適量だったものを消費量を増やすために、匙をなくしふりかけ式にしたという歴史話もある。

 僕らはもっと企業のもうけ主義を見破る目を養ったほうがいいんじゃないだろうか。賢くなろう日本。企業に踊らされるのはもうやめにしよう!企業を監視してよい方向に誘導するのが、これからの消費者の役目。

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »