« 生まれた時よりも美しく | トップページ | 植民地からの解放 »

2012年7月21日 (土)

生まれてきた時よりも美しく②

人間がこの世界に生まれてきた理由が明らかになりつつあります。私たちの本質は意識体であり、魂です。そして魂は5次元以上の存在であり、私たちはこの3次元の世界で魂の成長を目的として、肉体という殻をまとい生まれてきて、数十年の歳月を過ごすのです。弘法大師空海はこのことを阿字(宇宙の根源)で表現し、「阿字の子が阿字の古里立ちいでて、また立ち返る阿字の古里」と詩を詠んでいます


すなわちこの世界は私たちにとって実際は仮の世であり、やがては元の世界(実存の世界)に返っていくのです。


Photo_10



魂の世界(5次元以上の世界)は想念の世界であり、想ったことが、そのまま現れてきます。その世界はある意味思い通りの世界で、素晴らしい世界であり、見方によっては楽な世界であるとも言えます。そのような世界で成長がそのまま促されていくならばよいのですが、魂の成長の度合いを測るには、また別の世界が必要とされるのです。すなわちそれは苦労の世界です。私たちが今いるこの世界、物質世界とは実現速度が想念世界よりもはるかに遅く、時間を要するがゆえに苦を伴う世界でもあるのです。そしてこの苦を通じて魂はより成長できるとされているのです。


魂を成長させるとは、その魂をより美しく輝かせることであり、ワンネス(根源)に向かうことでもあります。すなわち分離の世界から統合の世界へと向かうことであるのです。魂の最終目的とはひとつに戻る、すなわちサムシンググレートのもとに戻ることなのです。


そして人間はこの地球を選び、この地球の3次元世界でもって魂を成長させることを選んだのです。かつ地球もまた人間を選んだのです。地球にも目的(ビジョン)があります。それは多様な生命を育むことであり、その多様な生命がこの地球でより多くの経験を通じて成長していくこと。それでもって地球もより美しく、そして成長していくのです。地球はこの3次元、つまりは物質世界の基盤の役割を担っている場なのです。つまり私たちは地球によって魂を成長させる経験の場を与えられているのです。


そして私たちは魂を成長させるために地球で暮らすと同時に、地球と共生・共発展するという契約を結んでいるのです。つまり両者ともに成長し美しくなるために、協働するのが本来の姿なのです。


Photo_11



ところが人間はその契約をすっかり忘れてしまい、エゴに走り、地球はどんどん破壊されていっています。多様な生命を育むはずが、その種類も減っているのです。残念ながら魂を成長させるに至っていない人(魂)の勢力が強く、多くがそちらに引っ張られているのが現状です。


しかしながら希望の持てることとして、このことに気がつき始めた人間が増え始めています。この破壊された地球の状況を見て、それは地球が破壊されるだけでなく、同時に人間、つまりは自分たち自身も破壊していることに気が付き始めたのです。周りの世界を見渡してみてください。私たち自身が傷ついているだけでなく、今や政治家や大企業のトップ、そして芸能人などテレビのニュースに出てくる人など、その多くが地球を傷つけると同時に、実は自分自身(の魂)を傷つけている人ではありませんか?


現在それらのことを気付き始めた人々は、循環型社会、エコロジー、脱原発、自然農法、ロハスetc とこれまでの人間のあり方を反省し、自然に沿った生き方をしていこうとしています。これに賛同する人々が増えていくにつれ、この考え方はどんどん発展し、広がっていくことでしょう。そして私たちはやがてこの地球をいかに美しき星にしていくかを考えるようになるでしょう。


なぜならば私たちの目的は魂を成長させることであり、言い換えるならば、魂を美しくすることであり、人間は地球の目的である「生命を育む」ということに協力していくことにつながっていくからです。


Photo_12



今気候変動や環境問題をはじめ様々なことで課題が突きつけられています。それは自然環境だけでなく、社会状況、そして人間自身の病気や精神の面においても課題が突きつけれれています。これらは突き詰めると人間のあり方が問われているのです。私たちはその課題に対して答えていかなければならないのです。もうこれまでのようにエゴばかりではこの世界で生きていけなくなってきているのです。



魂の成長を考える時、それは私たち(魂という本体が)阿字の古里へ帰る時に、この世界を生まれてきた時よりもどれだけ美しくすることができたかということであり、それはイコールこの地球をどれだけ発展させたか、美しくしたかということにもなってきます。自分自身を美しくすること。それは世界を美しくすることでもあり、それらはすべて私たち一人ひとりの手にかかっているのです。


生まれたときよりも魂も地球も美しくして、(元の世界に)帰っていく。このことを意識して、この先生きていくというのはいかがですか?

 

 



らいふあーと~僕らは地球のお世話係~

« 生まれた時よりも美しく | トップページ | 植民地からの解放 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生まれた時よりも美しく | トップページ | 植民地からの解放 »