« 生きてることを楽しみましょう。 | トップページ | 性善説 »

2011年7月20日 (水)

知恵

 人間(ホモサピエンス)とは知恵ある存在です。この知恵こそが地球上で人間を他の生物と違ってここまで発展してきた理由であることは間違いないと思います。しかしながらこの「知恵」について考えてみると、いい方にも悪い方にも使うことができます。基本的にはこの知恵とはよい言葉として使われることが多いと思います。特に「智慧」となると、仏教などで物事を正しく判断する、あるいは真理を見極めるという意味でつかわれ、仏様から見た心ともいわれます。

 よく「知恵を使う」とか「智慧を貸す」と言われますが、これなどは両方の意味で使うことが可能だと思います。また「悪知恵を働かせたら、奴に敵う者はおらんわ。」などということもあり、この「知恵」とは使う人の心次第ということが言えると思います。実際辞書では、知恵とは「物事を考え、判断する心の働き」とあります。

 さてこれまで人間はこの知恵を、一般的には「成功を得る」という意味で使ってきたのではないでしょうか?それは名声を得る、富(金銭)を得る、あるいは権力を得るなどというように、どちらかと言えば自分の欲のためにこの「知恵」を使ってきたのだと思います。そして社会もそうあることを認めてきたのだと思います。よく親が子供に対して「偉くなれ」という言葉には、これらのことを多々含んできたと思います。

 さて先ほど知恵とは「物事を考え、判断する心の働き」と書きましたが、その知恵をどの方向に働かすかという基準がどこにあるかというと、これまでは「我が成功」=「自利」ということにあったと思います。

 けれどもこの知恵を働かす基準がここ数年で大きく変わったのではないかと思うのです。すなわち「自利」の基準から「利他」への基準へと変わったのではないかと思うのです。そしてそのことを象徴するのが今回の福島原発事故ではないかと思うのです。

 福島原発事故はまだまだ予断は許されない状況ですが、何とか最悪の状況は逃れました。それは日本中の人だけでなく、世界中の人々が津波そして原子炉の(水素)爆発を見て震えあがりもしましたが、何とかしたいと思い、祈りを捧げたから、すなわち利他の行動に出たからだと思うのです。

 世界中の人々の祈りにより、今のところ最悪の事態は免れているわけですが、それでもそれは今後人々がどのような行動をとるかということにかかっているのではないかと思うのです。

 それは一歩進めて、知恵をどのように働かせていくか~収まりつつあり、時間もたっていくことにより元の世界にもどっていくのか、それとも今回の事故を教訓に人々が判断基準を変えていくのか~がいま問われていることではないかと思います。

 今回の事故で日本中に節電が訴えられ、現在国民は節電を心がけています。このことはこれまでのライフスタイルの見直しにつながっていると思います。如何にこれまで私たちは、電気を当たり前に、そして無駄に使っていたか、そのことを改めて知ることになると思います。

 そして放射能は、私たちに安心・安全とは何かを改めて考えさせています。食べ物については日本中について広がっていますし、そして東北、関東では生活空間の安全が問われています。それは特に子供たちへの安全が叫ばれており、このことを進めていくと「子供への愛」であり、「未来への安心」だと思います。現在の豊かさ(?)を維持するために原発を使い続け、10万年後の未来までつけを残していくのか。

 そして食べ物といい、生活空間といい、どちらにも言えることは「持続可能性」が問われているということではないかと思います。それは「持続可能性」に対する知恵をどのように働かせていくかということではないかと思います。このまま「自利」を求めて生きるのか、それとも「未来」の可能性を広げていくために、「利他」あるいは「共生」を基礎として生きていくのかが問われているのではないかと思います。

 現在読んでいる本に「幸せの芽がどんどん育つ魔法のガーデニング」ウィリアム・レーネン著(徳間書店)があるのですが、その本の中にミレニアムまで続いた魚座の時代から水瓶座に変わった書いてあります。魚座の時代とは、親を喜ばせたい、人より優越感を抱きたい、社会に受け入れられたいという個人的なエゴが成功へ駆り立てるエネルギーと力になった時代だったそうです。

 そして新しく入った水瓶座とは平等、バランスの時代であり、それは喜び、幸せ、満足をサポートするエネルギーであり、分かち合うことが必要と書いてあります。このことも新しい時代への変化への対応としての参考となるのではないかと思います。



ホームページ「らいふあーと」もよろしくお願いします。

« 生きてることを楽しみましょう。 | トップページ | 性善説 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事