« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

農業学と意識改革

 今日みかんの木を一本切り、根っこから引き抜いた。まだ若い木だったのであるが、毎年小さないよかんの実しかならないので植え替えようということで伐ってしまうことにした。
 のこぎりで切っている最中なんだかかわいそうになってきた。この木はこの木なりに精いっぱい生きていたのに…。自分は鬼だと思った。きっと周りのみかんの木はおびえていたかもしれない。
 「ごめんな。」と声かけしながら枝を切り、シャベルを使って根っこを引き抜いたのだが、根っこはしっかりと大地に張っており、枯れてしまった木よりも全然労を要した。
 きっとこのみかんの木は自分がなぜ伐られなければならないのか分からなかっただろうと思う。枯れかけた木は自分の代は終わり、次の若き木に譲ろうと納得してくれもしようが、まだ若くてこれから成長する可能性のある木が、まさか小さな実しかつけないという理由で切り倒されるとは思いもしなかったかもしれない。

 根っこを引き抜き終わった後に思ったこと。それは僕らは現在農業さえも経済学の原理でしかとらえていないということ。それは農業の自然の木(果樹)さえもが経済学でいう最大効用でしかとらえられないのだ。経済学の最大効用とは人間の満足度もっと簡単に言ってしまえば、貨幣価値をもたらすかということだ。
 この数十年の農業とは、農産物の最大効用(最大経済価値)を出すために、農作物に(化学)肥料を与え、消毒をし、そして市場へ出荷してきた。それは日本人の見た目にきれいなものほど美味しいという価値感が生み出したものでも有れば、農協などの指導にもよるのであろう。もしくはスーパーマーケットなどのの安くて(見た目にも)よいものを提供するという方針によるものかもしれない。
 そのために人々は何度も農薬を施された野菜を購入し、それを持って美味しく健康にもいいと考えてきた。また農家は農家で化学肥料や農薬を施すことによって生産性を高めることと引き換えに大地を痛めて、肥料や農薬なしには野菜が育たないという大地にしてしまい、負のスパイラルに陥ろうとしている。
 農業、農作物それは本来経済学に基づくためのものではなく、農業学に基づくものだ。ここ最近では自然学あるいは宇宙学に基づくものとなるべきものだ。より理想を言えば、人間が手を加えることはその農作物がより生命力を大きくするための手助けをすることだ。

 日本の農業問題は現在議論されているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に参加するかどうか、そして農業就業者の平均年齢が65歳という農業高齢化問題とその後継者問題。
 TPPは現在の日本では農業は間違いねく壊滅的状況になってしまうので言うまでもないが、農業後継者問題について自分なりの意見を述べると、現在の日本の農業問題とはこの化学肥料と農薬による農業が中心となっていることそして経済学の最大効用的農業がおこなわれていることそこに問題があるのではないかと思う。つまり若い人々はそれが本来とは間違った農業であることを無意識的にあるいは直感的に分かっているのではないかと思う。
 本来農業とは自然とともに植物の成長を目にし、そしてそれらを頂くあるいはそれらを出荷するという喜びにあふれた行為である。それが虫食いのない形も整い均一化された物質を最大限作り出す行為となり、しかも天候にも作用される不安定さが後継者をなくしてしまったのではないかと思う。

 今現在あるいはおそらく今後欲せられていくことそれは、安心・安全な農作物を作ること、そしてそれらを提供することに変わって来ると思う。それは先ほども書いた農業学(植物学)、自然学、宇宙学に基づく農業そしてそれらが確立されると若き人々もより農業に生きがいを求めて、そして彼ら独自のスタイルの農業を行っていくようになっていくのではないかと思う。
 
 それにはやはり人々の意識の変革が必要だ。今現在ほどあらゆる分野で人々の意識の変革が求められている時期はない。私たちは現在再度自分達の生活スタイルを見直す時期に来ている。それが早ければ早いほど今後訪れるであろう危機的状況に対処できるし、地球と共生できる新しい社会を作り出すことの芽生えとなるだろう。

続きを読む "農業学と意識改革" »

2011年1月19日 (水)

カンボジアの風

 12年ぐらい前のカンボジアでの出来事。ベトナムからプノンペン入りした僕は1泊4ドルの安宿を現地で知り合った日本人バックパッカーとシェアすることにした。そこは2階からが部屋で、1階はカフェ兼レストランとなっており、僕らは1階のカフェで食事をとりそしてビールとお茶を飲みながら話をしていた。
 そこには他にも数名の日本人旅行者がおり、いつしか合流して現地情報等の交換をしあった。当時のプノンペンの治安はまだまだ悪く、(今現在はどうなのか分からないが…)夜は1人では外を歩くのはかなり危険であり、もし出るとすれば、目的地まで車(タクシー)もしくはバイクタクシーで行くしかなかった…。そしていつも22時頃を過ぎると町のどこかで銃声が聞こえてきた。聞くところによるとそれはどうも警官が不審者に対して威嚇発砲をしているらしい…。(その銃声の音が僕らのそろそろ部屋に入って寝るか…との合図となった。)
 そこにいるのは薄汚く胡散臭い飢えた男たちの集団であり、話はどこそこの国や町の情報から始まり当然のことながら女性の話題にもなる。カンボジアで女性を買うには…という話が出てくる。それはそれでいい。それも飢えた男たちの楽しみ(?)だ。けれども学生を卒業したばかりぐらいの男が、「僕エイズが怖いから、11歳の女の子を買っちゃいましたよ。」と笑いながら話した時にはそいつを殺してやろうかと思った。
 話は変わり、その宿には「情報ノート」というものが置いてあり、そのノートには世界のバックパッカーたちからの旅の情報やら、日記のようなコメント等が書かれてあり、「船でシェリムアップ(アンコールワットのある町)に行っていたら、岸から鉄砲の弾が飛んできた。」などが書かれてあった。僕はこの後そのシェリムアップに行く予定だったので、ちょっとドキドキした。
 「どうやっていこうか?車で行くのはちょっと怖いし、やっぱり船?でも鉄砲の弾が飛んできたって書いてあるし・・・ここは安全策で飛行機?」と頭を悩ませた。結局行きは船、帰りは車で行くこととなるのだが…。ちなみに当時はポルポトがまだ生きているころで、タイとの国境付近に潜伏しているとの事だったが、その半年後ぐらいにポルポト死亡するとの記事が日本の新聞に大きく掲載された・・・。
 次の日の夜また1階のレストランでみんなと話をしていると、ひとりの若き日本人が「僕はカンボジアに来るのは今回が3回目なんですよ。」とのこと。「へえ3回目すごいねえ。そんなにカンボジア好きなんだ。でもこの混沌とした雰囲気イイよね。」と話たのだけれども、僕は内心「彼はカンボジアに女でもできたかな?カンボジアの女性ってどこか野生的な美があり、日本人の女性には決してない魅力があるからな・・・。」と勝手に想像してしまった。
 翌日僕は船に乗り込み、「鉄砲の弾が飛んできませんように。」と真ん中の席を陣取り、小さくなり座っていたのだが、高速船は無事に何事もなくシェリムアップに到着する。
 シェリムアップはプノンペンと違い、もっと平和的で安全な雰囲気で、スローガンにも「観光で豊かに・・・」のようなことが書いてあり、実際暗くなっても道路を歩くことができた。
 シェリムアップでも1日5ドルぐらいの宿をシェアし、翌日からアンコールワット、アンコールトム等の見学に出かけるのだが、その宿のカフェでボ~っとしていると、そこにも「情報ノート」が置いてあった。開けてみると、「青年よインドへ行け!」とか「陸路でタイに抜ける方法(ただしパスポートが血だらけになるかも・・・)」など書かれている。「いや~恐ろしいな。でもやってみたい気がする。でも死にたくないな…。でもインドは行ってみたいな・・・。」とブツブツ。ちなみに友達となった日本人の一人はタイとカンボジアの国境が開かれたという話を聞きつけ、“運だめし”で陸でタイに行きますと、行ってしまった・・・・。その結果は・・・後日彼とは日本で電話で話せました。)
 そして情報ノートをずっと興味深く読んでいると、ひとつ最近書かれたある文章を見つけた。そこにはこう綴られていた。
 「今回でカンボジアに来るのは3回目になります。今回も日本から古着をたくさん持ってきました。これをあげた時の子供たちが喜ぶ顔が見たくて・・・。」と書かれてあった。
 「ああ(プノンペンで出会った)彼だ!彼はこのためにカンボジアに来てたのか!」と僕は感嘆の声をあげた。それに比べて僕は・・・。(ちなみに僕は後日プノンペンにあるユニセフの事務所を訪れ、何でもいいからボランティアで働かせてくれと頼んだのだが断られ、仕方なくそこに売られていたレターセットを買った・・・。)
 このような若者がどんどん増えることを僕は望む。
 


ホームページ「らいふあーと」もよろしくお願いします。

2011年1月10日 (月)

思い出の道

続きを読む "思い出の道" »

2011年1月 3日 (月)

創造するということ

 「創造する」ということを考えてみると、何もある日突然これまでに見たこともないものが生み出されるってわけじゃない。それはかつて100年前の人々が宇宙に行くぞと思ったのと一緒ではないだろうか?
 宇宙に出るためのロケットを作り出すまでにはそれまでのいろいろなもの試行錯誤していったものの組合せの中から新しいものを作っていき、またそれをどんどん積み重ねっていって、それらの結果として今のスペースシャトルという形になったわけだ。決してスペースシャトルはある日突然何もないところから現れたわけではない。
 けれどもそれはもとをただせば、まずは夢からスタートしたはずだ。誰かが宇宙に行くための夢を描いて、それをどんどん形として現実に進めって行ったはずだ。もちろんそれはある意味失敗の連続でもあっただろう。おそらく数百回の失敗から一つの成功ぐらいじゃないだろうか?
 だから自分が何かを創造していくということも、夢から始めたのでいい。誰もが最初からスペースシャトルを描いていたわけではない。最初は空飛ぶ絨毯だったかもしれないし、ずっと昔は宇宙には空気(酸素)がないなんて分からなかっただろうから、カモとりごんべいさんのカモをあと100羽増やせば…などと思ったかもしれない。
 そしてそれらの組合せの連続が、まずはロケットボーイズから始まり、アポロとなりそしてシャトルとなり、遂には宇宙ステーションにもなったのだ。
 そして自分たちの夢も最初はそれほど精密に描かなくてもよいのかもしれない。それよりもそこからどんどん組み合わせていき、そして新しいものを作り出していくことの方が大切かもしれない。むしろそちらの方が意外な展開になって面白いものが出てくるかもしれない。
 現在の多くの人が閉そく性を感じ、先行き不透明と思っている時代。夢を描くことは難しいのかもしれない。経済の良くなる兆しは見えず、政治は恥ずかしいを超えてしまった。結局誰かが何かをしてくれるのを待っていても、それはただ年を重ねていくだけだ。
 けれどもだからこそ大きな夢を持って、組み合わせていきたい。それを重ねていくことでいつの日か、すごい力のあるものが生み出されるかもしれない。それを行うのは自分たちでやっていくしかないのだ。
 だからまず自分は「僕らは地球のお世話係」ということをテーマに物事を組み合わせていきたいと思う。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »