2019年7月24日 (水)

想いが人を動かす

まずはじめの大前提として、国政はもう終わりを迎えていると思っています。国(国家)という枠組みが終わりの時を迎えているのです。その象徴として現在の腐敗しきった国会(議員)があると思っています。   そん...

» 続きを読む

2019年4月 8日 (月)

ヒーラーと巫女

  瞑想中に入って来たパッケージです。 日本人は、縄文系ヒーラーと弥生系巫女、そしてElse(エルス)の3つに分けられます。  縄文系ヒーラーは大地、弥生系巫女は天です。 すなわち縄文系は大自然であ...

» 続きを読む

2018年9月 7日 (金)

謙虚にならなければなりません

北海道で震度7の地震があり、相当の被害が出ています。火力発電所にも被害が出て、しばらくの間北海道は電力不足に陥いるようです。また大規模な山崩れが発生し周辺にあった民家が土砂に押しつぶされたりもしていま...

» 続きを読む

2018年2月 7日 (水)

障がい者体験(?)からその気持ちを学ぶ

障がい者の一般企業における雇用支援をしていることから現在野菜の加工場で週2回(1日5時間程度)働いています。もともとはそこで障がい者を雇用することができないかと思い、まずは自分で体験してみようと思った...

» 続きを読む

2018年1月24日 (水)

縄文からの絵巻物語~未来の課題解決~その⑤

民族同士の対立とは、憎しみは憎しみを生み、その憎しみは代々引き継がれていくのでしょうか?歴史を見てみるとそのように思えます。けれども時に私たちは歴史的和解を目にすることもあります。憎しみでもってそれを...

» 続きを読む

2018年1月10日 (水)

縄文からの絵巻物語~未来の課題解決に向けて~その④

カムヤマトイワレビコは日本に渡り次々と武力でもってその一帯を制圧していきました。彼にとって力(武力)こそが正義であり、剣こそが彼の唯一の頼りとするものでした。彼の体の中には長年流浪の民としてさ迷い続け...

» 続きを読む

2018年1月 3日 (水)

新時代までの猶予期間

新年明けましておめでとうございます。今年もコツコツ思想磨きをしていこうと思います。先日本を読んでいると、日本における過去の偉大な僧侶の中で、自分の思想を展開し発展させた人物は、空海と道元禅師の二人ぐら...

» 続きを読む

2017年12月27日 (水)

縄文からの絵巻物語~未来の課題解決に向けて~その③~

ヨーロッパの貴族の紋章や企業のロゴ(マーク)を見たことがあると思います。そこにはライオンや鷲が描かれていることもあれば、蛇やトカゲなどの爬虫類が描かれているものもあります。一見すると爬虫類など気持ち悪...

» 続きを読む

2017年12月20日 (水)

縄文からの絵巻物語~未来の課題解決~その②

権力者たちは自分たちを正当化するために、歴史を塗り替えようとします。正義は我にありとし、その存在を神格化しようとさえします。人々に強要し長い年月を経てやがてそれは真実の如く神話や伝説となり、歴史化され...

» 続きを読む

2017年12月13日 (水)

縄文からの絵巻物語~未来の課題解決~その①

私たちが習う歴史とは強者の歴史です。勝った者がそれを正当化し、正義とします。例えそれが殺戮と強奪の末あれ、それは正当化され、時にはなかったことともされ、勝者はその地、その収奪物を謳歌するようになります...

» 続きを読む

«目の前に繰り広げられる世界は自身の意識の現れである。